HOME > 企業情報 > 経営理念・行動基準

経営理念・行動基準Philosophy and Code of conduct

経営理念

私たちは、情報サービスを通して「価値あるしくみ」を創造することで、社会の発展に貢献します。

経営の基本姿勢

1.お客さまの思いを実現します。
 お客さまの思いを、高い技術力により高品質、高付加価値の情報サービスで実現します。
2.社員一人ひとりを尊重し、働きがいのある会社にします。
 社員一人ひとりを尊重し、主体性をもって仕事に取り組める、自由闊達で働きがいのある会社にします。
3.株主の期待に応えます。
 収益性を高め、企業価値向上を目指します。
4.取引先を大切にします。
 誠実な対応で、相互に良好な関係を維持し、共に発展します。
5.社会的責任を果たします。

 法令を遵守し、高い倫理観をもって、公正かつ透明な企業活動を行い、社会に貢献します。

 

 

制定 : 2006年4月3日

DAiKOグループ行動基準

Ⅰ.私たちの職場での行動

1. 基本動作の徹底

私たちは、社内外を問わず、相手に誠実に対応し、相手を思いやる気持ちを大切にします。また、礼節を重んじ、基本動作の徹底を心掛けます。

2.仕事に取り組む姿勢

私たちは、様々な課題に対し、自分は何をすべきか(What)、どう行動すべきか(How)を考え、主体性をもって仕事に取り組みます。

3.双方向コミュニケーション

私たちは、常に双方向コミュニケーションを図ることで、相手をより深く理解し良好な人間関係を育みます。相互に十分な理解ができていない場合は、速やかに解消するよう努めます。

4.スキルの向上

私たちは、お客様に信頼されるように、自ら高い目標をもって、知識や技術の習得・向上に努めます。

5.人権の尊重、差別禁止

私たちは、お互いの人権、人格と個性を尊重し、出生、国籍、人種、民族、宗教性別、年齢、障害、学歴、その他業務遂行と関係のない理由による差別は行いません。また、暴力、誹謗、中傷、威迫、虐待や、ハラスメント(嫌がらせ)などの相手に不快感を与える言動や行為は行いません。また、他人がそれをすることも許しません。

6.利益相反の禁止

私たちは、DAiKOグループの利益を最優先するものであり、その利益を犠牲にして自分や第三者の利益を図ることはありません。

DAiKOグループに対して、自分や自分に親しい人の利益になるような働きかけはしません。

7.内部通報制度の活用

私たちは、もし職場内で法令違反、倫理違反を行っている者を発見した場合、または、差別や嫌がらせを受けていると感じた場合、上司または「DAiKOホットライン規程」に定める相談先に相談します。

  

Ⅱ.ビジネス活動にあたり

1.お客様、取引先等に対する姿勢

私たち一人ひとりの言動、態度、身だしなみはすべて、DAiKOグループとしてお客様、取引先、社会から評価されます。常に一人ひとりがDAiKOグループを代表していると認識し、信頼関係の構築に努めます。

2.サービス品質の向上

私たちは、高品質で高付加価値な情報サービスを提供するために、品質管理を徹底して行います。万一、商品やサービスの事故・不具合が発生した場合、迅速・的確に問題解決を図り、対応します。 

3.適切な情報提供

私たちは、お客様、取引先などにとって必要な情報を分かりやすく、適切に提供することにより、説明責任を果たします。また、Webサイトや情報誌、セミナーなどを通して積極的に情報を提供します。

4.独占禁止法の遵守

私たちは、いかなる状況にあっても、カルテル(価格協定)や談合、再販売価格の維持などの独占禁止法に抵触する行為は行いません。常に公正で自由な企業間競争を行います。

5.取引先との関係

私たちは、取引先と常に対等、公正、真摯に対応することにより、相互信頼・相互補完関係を築くよう努めます。また、取引先の選定にあたって、品質、価格、納期、技術力などの公正かつ合理的な基準により決定します。

6.不正競争の防止

私たちは、いかなる理由があっても、不正な手段により競業他社の営業秘密を取得、使用しません。また、競業他社の誹謗中傷、不適切な比較広告等のアンフェアな行為は行いません。

7.不当な贈答・接待の禁止

私たちは、贈答、接待を行う場合、または受ける場合は、あくまで社会的常識の範囲内としてこれを行います。

8.適正な会計処理

私たちは、業務処理や会計に関する情報を事実に基づき誠実かつ適時・適正に作成、記録し、不適切な会計処理を行いません。

9.問い合わせ対応

私たちは、『お客さま相談窓口』を設置し、お客様や取引先からの相談や苦情を真摯に受け止め、迅速かつ誠意のある対応に努めます。

  

Ⅲ.DAiKOグループの資産管理

1. 会社財産の適正利用

私たちは、DAiKOグループの設備、什器備品、資金、情報等の有形無形の資産を大切にします。それらは、業務のためにのみ使用し、私的目的のためには使用しません。業務に関係のないサイトへのアクセスや、私的な電子メールの使用もしません。

2.知的財産権の尊重

私たちは、DAiKOグループの知的財産権を尊重し、これを適切に利用し、権利保全に努めます。また、第三者の知的財産権を侵害する行為も行いません。

3.秘密情報の管理

私たちは、DAiKOグループやお客様・取引先などの業務上知り得た秘密情報について、保管管理を厳重にし、業務以外の目的で使用しません。また、退職後においても、在職中に入手した秘密情報を漏洩したり、いかなる目的のためにもこれらの秘密情報を利用しません。

4.インサイダー取引の禁止

私たちは、インサイダー取引に関する法令や社内規定を守ります。株価を左右するような事実を公表する前に入手した場合には、その情報が公開されるまで株式等の売買は行いません。また第三者にインサイダー情報を提供することもしません。

お客様、取引先のインサイダー情報を入手した場合も同様に取扱います。

5. 個人情報の管理

私たちは、営業活動等を通して得たお客様情報や取引先従業員、DAiKOグループ社員などの個人情報を適切、厳重に管理します。法的な要請がある場合を除いては、本人の同意なく目的以外の使用および第三者への提供は行いません。

 

Ⅳ.株主、投資家とともに

1. 企業価値向上

私たちは、株主、投資家から信頼されるように、健全な経営で、企業価値向上に努めます。

2. 経営情報の開示

私たちは、適正な会計処理により、信頼性が確保された財務報告や事業活動の状況などの経営情報を適切かつタイムリーに開示します。IR活動を通して、株主や投資家の企業経営に対する理解を促進するよう努めます。

3. 株主・投資家との対話

私たちは、全ての株主、投資家に対して公平に情報提供を行うとともに、株主、投資家との対話に努め、その「声」を真摯に受け止め、企業活動に生かします。 

 

Ⅴ.社会的責任

1. 法令遵守(コンプライアンス)

私たちは、法律、ルールおよびその精神を遵守し、高い倫理観をもって行動します。

2. 政治、行政との関係

私たちは、公務員またはこれに準じる者に対し、違法な政治献金・利益供与、あるいはその誤解を受けるような行為は行いません。

3. 反社会的勢力との関係遮断

私たちは、暴力団や総会屋などの反社会的勢力や団体に関わらないよう、倫理感と正義感をもち、常に良識ある行動に努め、反社会的勢力と見なされる取引先とはいかなる取引も行いません。また、反社会的勢力などから不当な要求を受けた場合毅然とした対応を行います。

4.社会への貢献

私たちは、社会の一員として、地域社会とのコミュニケーションを推進し、社会の様々な活動に参加します。

5.環境への取組み

私たちは、将来の世代が健全で豊かな環境の恵みが受けられるよう、環境保全活動に取り組みます。

 

 

制定 : 2006年4月3日

改訂 : 2013年7月30日