HOME > CS向上への取り組み > 2015年度CSアンケート報告

2015年度CSアンケート報告2015 Questionnaire

お客さま第一活動のひとつとして、2003年度より実施しているお客さまアンケート。

今回で13回目となりました。

弊社が提供するサービスの品質、社員行動などについての満足度や、お客さまの経営課題などをお聞きすることで、

商品・サービスの品揃えと内容の強化、社員の活動の見直しにつなげてまいりました。

2015年12月から翌年1月末までに回答いただきましたアンケートのご報告をいたします。

2015年度CSアンケート実施概要

実施期間 2015年12月~2016年1月
回答社数 537社(回答率72%)
送付社数 745社

満足度について

満足度の推移

  

 

 不満足度の推移

 

弊社に対する総合評価では、大変満足が前年の63社から115社に大幅に増えました。

これに満足を含めると306社となり、全体の57%にあたり、

2012年度より4年つづけて増加しております。

大変不満は前年の35社から18社に半減いたしました。

しかしながら、これに不満を加えた数では85社と、前年よりも8社減少したとはいえ、

ここ3年間は80社を超える水準となっております。

まだ多くのお客さまに期待に応えられていない事実を

深く反省しております。 

 

ご評価の声をいただけなかったお客さまには、その理由をお聞かせいただき、改善をお約束させていただきました。

引き続きお客さまの経営課題の解決にご協力できるよう、さらなる品質の向上に努めてまいります。

 

お客さまの経営課題について

お客さまの経営課題について  

 上位を見ると経営のスピードアップを図ることを目指す、「業務プロセスの効率化」「ネットワーク、迅速な業績把握」「スマートデバイスの活用」が選ばれており、タイムコントロールがキーポイントとなっています。

 次に続くのが、経営リスクを減らすことを目指す、「セキュリティ」「クラウド化」「BCP」です。地震などの災害、事件、事故の発生率は昔とあまり変わらないとも言われます。しかし、現在の経営環境では、サプライチェーンによる分業化、リアルな情報伝達スピード、製・販・在のグローバル化などによりリスクが高まっており、この減少をICTに期待するようになっています。

 弊社では、今回のアンケートを受けて、それぞれの経営課題の項目に役立つ可能性のある商品・サービスを揃えておりますので、ご希望のお客さまは弊社担当までお問い合わせください。

CS向上への取り組み

CS向上の取り組み
CS向上の取り組み
お客さまにとって最も信頼される「経営パートナー」であり続けるために、さまざまなCS向上の取り組みや活動を行っています。
詳しくはこちら
D’s TALK
D’sTalk(季刊誌/D’sTalkとは?)
「D’s TALK」は、最新ITトレンド情報やシステム導入事例だけではなく、「出会い」や「こころ」に触れるコラムなどをお客さまにお届けしています。
詳しくはこちら
CSアンケート報告
CSアンケート報告
お客さまからの期待に応え、今後の活動に活かしていくために、定期的にCSアンケートを実施しています。
詳しくはこちら