生産管理

生産管理と製造管理の違いとは?製造管理を理解して、収益UP・効率化を図ろう

生産管理と製造管理の違いとは?製造管理を理解して、収益UP・効率化を図ろう

製造業において、製造管理の最適化は生命線ともいえる重要課題です。では、似たような言葉である生産管理とは何が違うのでしょうか。それぞれの用語の関係性を探ることは、収益UP・効率化に繋がるヒントにも繋がります。

今回の記事では製造管理に求められることや、製造管理を徹底することで得られるメリットについてをご紹介します。

生産管理と製造管理の違いとは

まず初めに、生産管理と製造管理の違いを押さえておきましょう。 生産管理とは、「生産(設計・調達・作業)を品質・原価・数量および納期の観点で管理すること」を意味します。企業によっては、受注や納品を含むこともあるでしょう。いずれの場合にも、生産活動における全工程のコスト最適化、品質維持を目的としていることが特徴です。

一方で製造管理は、製造現場に近い作業工程の管理を意味することがほとんどです。生産管理よりも狭義の意味を持つ言葉が製造管理といってもよいかもしれません。

では、製造管理にはどのような役割が求められるのでしょうか。

製造業の収益を左右する製造管理に求められること

製造管理において最も大切なことは、現場視点に立ち、製造ラインや制御システムを最適なバランスで稼働させることです。限られた生産リソースでより高い生産性を発揮する上では、製造ラインの稼働時間・製品の製造数・不良品の数など、あらゆるデータを蓄積し、常に最適解を導き出すことが求められます。

しかし、市場のニーズが多様化し、製造工程の複雑化が進む今、生産性と品質の双方を最大化することには困難を伴います。だからこそ、製造管理にはこれまで以上に多くの機能と高い性能が必要とされているのです。そこで活用の幅が広がりつつあるのが、製造管理工程のシステム化です。

製造管理工程でシステムを導入するメリット

製造管理工程をシステム化することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。主なポイントとしては、次の3つが挙げられます。

メリット① 人手不足が解消できる

1つ目は、労働力不足の解消です。作業実績の収集を自動化し、分析を行うことで、高いスキルを持たない従業員でも対応可能な業務を広げることができます。その他にも、熟練技術者の技術をデータ化すれば、従業員の技能向上にも繋げることができるでしょう。

この他、業務を効率化するためのポイントを押さえ、業務時間の短縮にも繋げることも可能です。

メリット② データ処理が膨大化しても対応できる

2つ目は、現場から得られる膨大なデータへの対応です。センサー技術や産業機械の進化に伴い、製造現場から得られるデータ量は膨大な量へと変化しています。そして、そのデータを活用してリアルタイムに製造プロセスを自動化するためには、データ処理の高速化と膨大化への対応が欠かせません。

そこで製造管理システムを活用することで、エッジコンピューターとクラウドコンピューティングと相互に連携し、動作遅延を最小にしながら自動化を行うことが可能になります。

メリット③ 多品量少量生産管理の実現

3つ目は、生産スタイルの変化への対応です。市場ニーズの多様化に伴い、少品種大量生産の時代は終わりを告げ、多品種少量生産が前提の時代になりました。そうした中で製造現場のきめ細やかなオペレーションを実現する上でも、製造管理システムが重要な役割を果たします。製造システムを自動的に制御することでマス・カスタマイゼーションを実現し、大量生産の生産性を保ちながら多様な仕様に対応することができるのです。

では、製造管理システムを選ぶ際に求められる視点とは、どのようなものでしょうか。

生産管理だけでなく、製造管理ができるシステムを選ぼう

前述のように製造管理とは生産管理の一部であり、製品の品質と生産性を決める上での最重要領域ともいえます。だからこそ、これらをバラバラに捉えるのではなく統合的に考え、システム選びを進めていくことが求められます。

生産管理システムを導入する際には、製造管理の分野をどれだけカバーできているか、確認することが欠かせないでしょう。そこで最適な仕組みが製造管理も網羅した、生産管理システム「rBOM」です。

製造管理も網羅した、生産管理システム「rBOM」

「rBOM」は、製造現場と生産活動全体を繋ぐことができる生産管理システムです。特に、個別受注生産・多品種少量生産を行う企業に最適な機能を多数搭載しています。 例えば、製造時に使用した情報をまとめてデータベースに記録し、他部門とリアルタイムに連携することが可能。生産管理システムやスケジューラを活用すれば進捗状況が可視化できるため、飛び込み作業が多い現場においても納期遅延を未然に防ぐこともできます。

また、万が一遅延が発生している場合には、その作業工程を迅速に確認でき、遅延している理由や影響範囲も確認することができます。製造ラインや制御システムを最適なバランスを考える上でも欠かせない仕組みといえるでしょう。

「製造管理」への注力をお考えの企業様は、製造管理も網羅した生産管理システム「rBOM」の活用をご検討ください。


アフターコロナの新しい働き方に対応する生産管理システム「rBOM」
リアルタイムな進捗・原価把握を実現する生産管理システム「rBOM」については、下記よりご覧いただけます。

カタログ 製品の詳細


 

関連記事

  1. 生産管理

    生産性を向上させる工程管理の基礎知識

    多くの製品を効率的に生産するためには、工程管理の見直しが必要です。…

  2. 生産管理

    生産管理における日程計画とは?効率的な日程計画の立て方

    管理職の方は、年間・月間・日別スケジュールなど、何かしらの計画や予…

  3. 生産管理

    製造業を加速するPDM!基本からメリット、導入ポイントまで徹底解説

    製造業の業務フローを効率化し、生産性を高めるために役に立つのがPD…

  4. 生産管理

    【個別受注生産の納期遅れをなくす】部門間の「情報共有方法」

    個別受注生産の納期遅れの原因は「情報共有の遅れ」にある納期…

  5. 生産管理

    材料の価格データの共有で原価管理・見積書制作を省力化した事例「株式会社波南様」

    多種多様な製品を扱う現場では、多くの場合、その一元管理が課題に挙が…

  6. 生産管理

    製造業においても推進されているDX。その阻害要因と取り組む際のポイントは?

    企業の競争力を大きく左右するテーマであるデジタル変革(DX:デジタ…

注目記事

カテゴリー検索

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。
Scroll Up