流通・小売

人手不足のスーパーに必要なセルフレジ。メリット・デメリット、すぐに始められる省人化方法をご紹介

人手不足のスーパーに必要なセルフレジ メリット・デメリット、すぐに始められる省人化方法をご紹介

コロナ禍で人々の消費行動が変わりゆく中、スーパーなどの小売店は人手不足の対応に追われており、店舗運営の省力化は必須といえるでしょう。そうした中、セルフレジが注目を集めているものの、一定の初期費用とコストがかかるため、導入は容易ではありません。

そこで本記事では、初期費用を抑えてすぐに始められる省人化方法をご紹介します。

新型コロナウイルス流行で多くのスーパーが激務を経験

新型コロナウイルスの流行により、スーパーに勤務する多くの従業員がこれまでにない激務やストレスに見舞われました。巣ごもり消費の急拡大によって商品が品薄になったり、人手不足が深刻化したりする中では「小売店崩壊」の懸念も続いています。小・中学校の休校措置に伴い、欠勤を余儀なくされる従業員も珍しくなく、パートタイマーやアルバイトの減少が見られた店舗も存在しています。

こうした状況が改善に向かっている店舗も多く存在しますが、現在、第二波が押し寄せており、今後、感染拡大の第三波が起こる可能性も否定できません。そうした中で深刻化しているのが、人手不足の更なる悪化や慢性化です。

慢性的な人手不足…省人化は必須

国内の労働人口が減少する中では、小売店における人手不足が以前より指摘されていました。総務省統計局が行った「個人企業経済調査(動向編)」では、「卸売業、小売業」の事業主が2003年の調査開始以降、ほぼ一貫して人手不足と感じていることが明らかになっています。

こうした状況から考えても、抜本的な業務改革なくして人手不足が解消できるとは思えません。しかし、海外に見られるようなロボットの導入や業務プロセスの完全自動化は多額の費用が掛かるため難しいものです。こうした背景もあって、昨今では既に多くの事例が生まれている「セルフレジ」を導入する小売店が急増しています。

人手不足の解消にセルフレジ対応スマホアプリ

人手不足に対する有効なアプローチとして広まっているのが、お客様自身で精算作業や商品スキャンを行う「セルフ」方式です。セルフ方式といえば、お客様自身で商品のスキャンから精算業務まで実施する「フルセルフ」と、商品スキャンは店員が行い、精算作業をお客様で行う「セミセルフ」方式が一般的でしょう。また、そのメリットとデメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

セルフ方式のメリット

セルフ方式の大きなメリットは、人員コストの削減です。レジ要員を通常レジより少ない人数で運用が可能なため、他の業務に人手を回すことができます。また、セルフ方式は会計情報が全てデータ保存される上、現金会計時には釣り銭が自動排出されるため会計ミスが発生せず、レジ締め作業を簡略化できます。

消費者にとってもメリットがあります。セルフ方式であれば自分のペースで会計できるため、落ち着いて買い物をすることができます。また、店員の接触機会も少なくて済むため、感染症対策としても有効です。

セルフ方式のデメリット

セルフ方式導入時には、多くのコストがかかります。加えて、定期的なメンテナンス費用も必要となるため、人件費の削減効果だけでこれらのコストをまかなうことは難しいものです。

こうした背景を踏まえ、大興電子通信が提案する仕組みが、初期投資を抑制し、すぐにはじめることができる「サブスクリプションモデルのセルフレジ対応スマホアプリ」です。

「SmaSho@」ならすぐに省人化を実現

大興電子通信が提供する「SmaSho@」は、顧客自身がスマホでバーコードスキャンするアプリを導入することで、低コストでレジの省力化を実現できるソリューションです。

「SmaSho@」にはバーコードフラッシュ機能を搭載しているため、お客様自身が店頭で買いたい商品のバーコードのスキャンを行い、レジではスマホをかざすだけで商品登録が完了。あとは既存POSレジ機能でお会計すればOKなので、大規模な設備投資は不要です。

加えて、「SmaSho@」では、顧客の来店を促す電子スタンプや電子ポイントに加え、プッシュ通知やホームページ連携も搭載。こうした仕組みを活用すれば、来店前から来店後に至るまでの「新たな販促サイクル」を生み出すことも可能になります。

セルフレジの導入に加えて、集客や販売促進も可能とするスマホアプリ「SmaSho@」。人手不足の改善や感染症対策をお考えの企業様はぜひ下記資料をご覧ください。


こちらもチェック!
「スマホアプリで実現!小売業のニューノーマルへの対応策」資料で公開中!

詳細・ダウンロードはこちら


関連記事

  1. 流通・小売

    集客・販売促進を強化する!スマホアプリを活用した小売業の新戦略とは?

    かつて小売店の集客・販促施策といえば、チラシやWeb媒体が中心でし…

注目記事

カテゴリー検索

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。
Scroll Up