原価や進捗を正確に把握・リードタイム短縮etc… 『rBOM』導入によるメリットに迫る

急な仕様変更が頻繁に起り、
生産管理や正確な原価の把握が難しい状況から
『rBOM』の導入により、部品の手配遅れやムダな在庫発生をなくし、 部門間がスムーズに連携できるようになった事例をご紹介!

資料概要

急な仕様変更により、部門間の情報共有に時間がかかり
コストもかかりがちな個別受注生産。
それを防ぐ生産管理システムも、大量生産向けが多い中
個別受注生産に最適な『rBOM』を採用。
CADシステムと連携させ、これまで難しかった原価や進捗を正確に把握、
部門間の情報共有がスムーズになった事例をご紹介していきます。

ホワイトペーパーの目次

第1章 精度の高いデータ収集のため 生産管理システムを導入

第2章 CADシステムとの連携により、 部門間のデータ共有が可能に