2020年に向けたサイバーセキュリティ対策

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる予測をうけ、
大興電子通信は情報セキュリティ対策に対応したエンドポイントセキュリティ製品「AppGuard」導入。
実際にどのような効果をあげられたのか事例をご紹介。

ホワイトペーパーの内容

2020年に向けて、マルウェアの増加や巧妙化といったサイバー攻撃の技術的な進化、⽇本をターゲットとしたサイバー攻撃の激化が容易に予想されます。
そこで大興電子通信はガイドラインで推進する情報セキュリティ対策に対応したエンドポイントセキュリティ製品「AppGuard」導入。
AppGuardで実現したIT統制び整備と運用負荷軽減の両立させた事例をご紹介します。

資料の目次

第1章 
導⼊のポイント

第2章 
導⼊の経緯

政府のセキュリティガイドライン⽅針に伴い、社内セキュリティ環境の強化を検討

第3章 
製品選定

未知のマルウェア対策のAppGuardを導⼊、ファイルレスマルウェア・ゼロデイ攻撃等
にも対応した強固なセキュリティ環境を実現

第4章 
導⼊の効果

IT統制の整備と運⽤負荷軽減の両⽴を実現

第5章 
まとめ

Scroll Up