購買・調達部門に贈る、
コスト削減に効く3つのTIPS

購買・調達部門のご担当者様必見!
「コスト削減」のために知っておきたいこととは?

ホワイトペーパーの内容

消費者ニーズの多様化、グローバル化の進展により、企業へのコスト削減要請は厳しさを増しています。
幅広く買い付けを行い、支出を管理する購買・調達部門では、コストダウンが最重要の課題です。

では、購買・調達部門でコストダウンを図るためには、一体どのような取り組みが必要なのでしょうか。

本書では、状況に応じた適正価格の仕入や、過去の仕入データを管理・分析したサプライヤーの評価・選定、
価格交渉などを有利に進める上で必要な、3つのTIPSをご紹介します。

資料の目次

第1章 
「二社購買」を行って原価を削減

二社購買とは?
原価の削減につながる理由
納期遅れ防止などのメリットも

第2章 
「カタログ購買」で間接材コストを削減

カタログ購買とは?
カタログ購買で「コスト削減」 「業務効率化」を両立

第3章 
「購買管理システム」を活用してコスト削減

コスト削減ができる理由① 発注ミスが減る
コスト削減ができる理由② 業務効率化で人件費削減
コスト削減ができる理由③ 各拠点の価格統制を実現
コスト削減ができる理由④ サプライヤー選定・交渉が簡単になる

Scroll Up