サイバーセキュリティ
基本まるごと解説入門

攻撃手段 / 対策製品の違い / トレンド情報 など
一冊で基本がまとめてわかる!
新米セキュリティ担当者さま必見の教科書

ホワイトペーパーの内容

「サイバーセキュリティ」の担当者になったら、まずは何を学ぶべきでしょうか?
それは大きく分けて、以下の4つに分類できます。

1. 攻撃手段
2. 防御方法
3. セキュリティ製品の知識
4. 活動

本資料では、上記4項目における基本的なセキュリティ知識を、3章立てでわかりやすく解説していきます。

新米セキュリティ担当者の方が、基本を学ぶ教科書となる一冊です。

資料の目次

第1章 
サイバー攻撃の種類

<主流のサイバー攻撃一覽>
 - マルウェア
 - パスワードの窃取・解析
 - ビジネスメール詐欺(標的型攻撃)
 - データ・サイトの改ざん
 - DoS攻撃
 - IoT機器への侵入
 - ゼロデイ攻撃
 - 仮想通貨の不正マイニング
 - モバイルマルウェア
 - ソーシャルエンジニアリング

<近年、話題に挙がったサイバー攻撃>
 - Emotet
 - Windows の脆弱性を突いた攻撃
 - VPNパスワードの流出

第2章 
セキュリティ対策製品の種類・特徴

・EPP
・NGAV
・OSプロテクト
・EDR

第3章 
万が一のリスクに備えて。準備と対策編

・セキュリティ製品を選定、防御構造を組み立てる
・セキュリティの社内ルールを整備する
・社員教育を実施する
・最新情報をチェック、
 随時更新プログラム・アップデートを適用する

Scroll Up