収益改善を図るための
4つの具体的な施策と効率化に向けた
改善ステップ

低収益構造に悩む
個別受注生産型製造業の皆さまへ

資料概要

製造業は収益の低い業界だと言われています。
営業利益が黒字だとしても収益が低い状態だと、成長への取っ掛かりを失ったり製品の価格競争に陥ったりとさまざまな弊害があります。

収益改善を行うことができれば、安定的に成長し挑戦意欲の高い企業風土を作ることも可能です。

そのために個別受注生産の製造業はいったい何に着手するべきなのでしょうか。
本資料では、製造業の収益改善を行うための4つの施策についてご紹介します。

ホワイトペーパーの目次

第1章 リードタイムの短縮

リードタイムが長くなる部門間の3つの壁
リードタイムを短縮するための改善策とは?

第2章 設計の標準化

設計の標準化をするべき理由・進まない理由
ナレッジ情報の共有と時間短縮をさせるには

第3章 情報の一元管理・リアルタイム共有

部門間の情報格差・共有遅延がムダを生んでいる
部門単位ではなく、全社単位での一元管理システム導入が理想

第4章 生産管理によるヒト・モノ・カネの見える化

なぜ、生産管理は難しいのか?
生産管理システムの導入で業務フローを見直す