「購買・調達業務効率化」 完全ガイド
~購買管理システムのベストプラクティス~

業務の煩雑化 / 購買・調達コストの削減で
お悩みの担当者さま必見。

ホワイトペーパーの内容

購買・調達業務では、「必要なものを、必要な時に、できるだけ安く仕入れる」ことが求められます。
これを実現するためには、社内ネットワークの強化と仕入先との関係構築が欠かせません。

しかし実態は、膨大な品目の購買管理・事務処理に追われ、業務が煩雑化しているために
優良なサプライヤの発掘・育成やコストダウンに注力できていないという実態も多いようです。

本書では、購買・調達業務の効率化を目指すうえで欠かせないポイントと具体的な方法について解説します。

資料の目次

第1章 
購買・調達業務を効率化するために知っておきたい2つのこと

購買・調達業務は大きく分けて2種類ある
 - ソーシング業務(社員がおこなうべき業務)
 - パーチェシング業務(システムで効率化できる業務)
「パーチェシング業務の効率化」が生産性UPの要
工数を圧迫する「間接材(副資材)の調達」

第2章 
購買・調達業務を効率化する、3つのポイント

1. 購買政策とサプライヤ(仕入先)の評価基準を明確化する
2. 「カタログ購買」で間接材購買の手間を省略
3. 「仕入れ情報の共有・見える化」に着手する

第3章 
購買管理システムで「情報共有」と「省力化」を実現する

購買管理システムとは?
購買管理システムを導入する3つのメリット
購買管理システムの選び方

Scroll Up