工場の生産性を上げる 6つの取り組み
~時代に合わせて成長し続ける工場へ~

個別受注生産の製造業向け
生産性UPを低下させる要因・対策の指南書です!
<<全27ページ>>

ホワイトペーパーの内容

個別受注生産では、消費者のニーズに応えて臨機応変に生産品目を変更することができる一方、
コストの増加や生産効率の低下に注意する必要があります。

しかし同時に、個別受注生産では仕様の変更が多いうえに短納期に追われやすく、
生産性の向上どころか、現場が疲弊してしまっているケースも少なくありません。

一体なにが生産性を下げており、どうすれば生産性UPが見込めるのでしょうか...?
本書では、個別受注生産における課題を取り上げたうえで、有効な対策方法についてご紹介します。

資料の目次

第1章 
個別受注生産の工場における、「生産性低下の要因」

頻繁に起きる「仕様変更」の問題
最新情報が共有されない「組織体制」
技術・ノウハウをもった「人材不足」
なかなか進まない「標準化」
「段取り替え」が多く、生産停止が長い

第2章 
工場の生産性を上げる、6つの取組み

製造に関わる情報を記録し活用する
仕様変更に柔軟に対応する
日程を見える化し、納期遅延を防止する
ベテランの技術を次世代に継承する
段取り替えの時間を短縮化する
「部品表中心」のモノ作り体制にシフトする

第3章 
情報管理・共有をシステム化、効率化を図る方法

生産管理システムの機能・役割
生産管理システム導入のメリット
失敗しない生産管理システム導入

Scroll Up