【終了】2022年6月24日|【Webセミナー】急増するEmotet被害を最小化する、2022年に行うべきSaaSセキュリティ対策

テレワークなど働き方の変化により、企業のシステム基盤もクラウドサービスへと移行が進んでいます。

その主要サービスであるMicrosoft365は、多くのユーザーに利用されている反面、もっともサイバー犯罪の標的になりやすいクラウドの1つになっています。

「Emotet」や「ランサムウェア」などのサイバー攻撃の90%以上はメールを起因にしています。従来のセキュリティでは防げない最新のメール攻撃にどのように対応すべきでしょうか?

クラウドサービスにおいては、システムのログイン認証対策の強化や不正アクセスの防止が重要となっており、ID管理が不十分だと大規模な情報漏えいや甚大な被害につながるリスクがあります。

本セミナーでは、「急増するEmotet被害を最小化する、2022年に行うべきSaaSセキュリティ対策」をテーマに、サイバー攻撃の事例を交え、SaaS製品導入企業がいまこそ気をつけるべきポイントを解説します。

また、Microsoft365専用メールセキュリティ「Vade for M365」、基本料金0円で利用できるID管理サービス「トラストログイン」での課題解決事例など、各サービスの特長を併せてご紹介します。

皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げます。

※本セミナーの参加者さま限定で、無償の製品トライアルをご案内いたします。また、トライアルを実施いただいたお客さまの中から抽選でAmazonギフト券を進呈いたします。

このような方におすすめ

  • SaaSの利用が増えてきたが、セキュリティ対策をどの程度すべきか悩んでいる方
  • Microsoft365を利用しているが、メール起因のインシデントに不安を感じている方
  • SaaSの認証強化をすべく、より最適なツールを探している方

セミナー概要

タイトル

急増するEmotet被害を最小化する、2022年に行うべきSaaSセキュリティ対策
~いまこそ見直したいMicrosoftメールセキュリティとIDaaSセキュリティ(SSO・MFA)~

開催日

2022年6月24日(金)10:00~10:55
※申込受付期間:6月23日(木)12:30まで

配信方式

ライブ配信(zoom)

参加費

無料

主催・共催

主催:大興電子通信株式会社

共催:Vade Secure株式会社、GMOグローバルサイン株式会社

※注意事項

同業他社の方はお断りさせていただく場合がございます。ご了承下さい。

 

セミナープログラム

第一部|なぜSaaS製品のセキュリティ対策が必要なのか

講師:大興電子通信株式会社

第二部|いまこそ見直すべきMicrosoft365メールセキュリティ

講師:Vade Secure株式会社

第三部|認証強化と不正アクセス防止のために押さえるべきポイント

講師:GMOグローバルサイン株式会社

お問い合わせ

大興電子通信株式会社
ビジネスクエスト本部 マーケティング推進部
セミナー事務局

〒162-8565 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル

TEL:03-3266-8171
Mail:planner@daikodenshi.co.jp