【終了】2019年7月30日|【セミナー:大阪】東京2020間近!!セキュリティは何を実施すべきか?~今から実施するエンドポイントセキュリティ対策~

国際的な大規模イベントを控え、開催地となる日本では官民問わず世界中のサイバー攻撃の標的となります。どのようにセキュリティ対策を進めていけばよいのか、また、十分な対策が本当にできているのだろうか、といったお悩みがあるのではないでしょうか。

本セミナーでは、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)様を基調講演にお招きし、企業における課題と取り組みについてご講演いただきます。本講演から「企業様で何を取り組むべきか」を講演から学んでいただけます。

また、巧妙化するサイバー攻撃に対して、マルウェア感染が多いエンドポイントに焦点を絞り、各社より有効な対策や特長などを本セミナーにてご紹介いたします。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

東京2020間近!!セキュリティは何を実施すべきか?
~今から実施するエンドポイントセキュリティ対策~【大阪】

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社インテック、サイバネットシステム株式会社、トレンドマイクロ株式会社
   株式会社AppGuard Marketing、株式会社Blue Planet-works、Sky株式会社

開催日時 2019年7月30日(火)|ブース展示13:00~17:30、セミナー14:00~17:00
会場 

Sky株式会社 大阪本社

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3丁目4番30号ニッセイ新大阪ビル 17階

※公共交通機関からのアクセス
・JR新大阪駅北口から徒歩7分
・地下鉄御堂筋線新大阪駅4番出口から徒歩3分

会場MAPはこちら 

参加費  無料 
定員

100名
※セキュリティ対策を検討しているお客様を優先させていただきます。
※お申込み状況によっては、同業他社さまのご参加をご遠慮いただく場合がございます。

アジェンダ 

基調講演|14:05~14:55(50分)

「我が国のサイバーセキュリティ政策及び
中小企業における課題と取組について」

我が国のサイバーセキュリティ政策の全体像についてご紹介するとともに、特に中小企業における課題とそれに対応するための具体的な政策の取組状況についてご説明します。

講師:内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)

【プロフィール】
2018年6月より現職。内閣サイバーセキュリティセンター基本戦略第一グループにおいて、サイバーセキュリティにおける人材育成、研究開発、普及啓発に関する業務を担当。
「サイバーセキュリティ意識・行動強化プログラム」(2019年1月)や「サイバーセキュリティ研究・技術開発取組方針」(2019年5月)の取りまとめに従事。

第一部|15:20~15:50(30分)

CarbonBlack:中小企業はエンドポイントが肝心!
次世代アンチウイルスで防御レベルをアップしましょう!

中小企業のセキュリティご担当者様は、常にサイバーセキュリティ対策の投資順位にお悩みではないでしょうか。セキュリティに対する投資対効果を最大化するためにも、まずはエンドポイントのセキュリティ対策の見直しが重要です。

本セッションでは、クラウドベースの次世代アンチウイルスが、ヒト・モノ・カネに制約のある中小企業の皆様に対して、どのようなメリットをもたらすのかをご説明いたします。

併せて、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」との連携による、内部及び外部からの脅威対策についてもご紹介します。

講師:サイバネットシステム株式会社

第二部|15:50~16:20(30分)

AppGuard:変化するサイバー攻撃対策に今必要なものは何か?

近年サイバーセキュリティを取りまく環境が大きく変化しており、従来の守り方では攻撃から身を守ることができなくなっています。

本セッションでは、米政府機関で20年間以上破られたことがない、サイバーセキュリティ技術の民需転用により製品化された「AppGuard」をご紹介いたします。

その技術とは何か?これまでの技術とは何が違うのか?など、新しい概念の「AppGuard」が必要な理由をご紹介します。

講師:株式会社Blue Planet-works

第三部|16:20~16:50(30分)

Trend Micro Apex One:ウイルスバスター Corp.からTrend Micro Apex Oneへ

多くのお客様にご利用いただいてきたウイルスバスターCorp.は、この夏大きく変わります。

脅威の侵入を100%防ぐことがますます困難になっている現在、組織の情報資産を守るには、脅威の侵入を防ぐ能力の強化に加えて、脅威に侵入された場合の対処も重要になっています。

トレンドマイクロは1つのエンドポイントセキュリティに事前予防(EPP)と事後対処(EDR)を提供し、簡単かつ迅速なインシデント対応を実現します。

ウイルスバスターCorp.の後継となる新製品、「Trend Micro Apex One」によるエンドポイントセキュリティのさらなる強化についてご紹介します。

講師:トレンドマイクロ株式会社

お申込み締切 2019年7月29日(月)
お問い合わせ窓口  大興電子通信株式会社
マーケティング企画室 セミナー事務局
〒162-8565 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル
TEL  :03-3266-8171

 

お申込み受付は終了いたしました