【終了】2020年1月22日|【セミナー:福岡】システム部門の運用負荷軽減を実現するサイバーセキュリティ対策 & Windows10運用管理

サイバーセキュリティのリスクは日に日に増しております。それに加え、Windows10移行に伴うOSのアップデート管理等の運用管理など、システム部門の業務運用負荷は増加する一方です。

本セミナーでは、そんな皆さまのお悩み解決にお役立ていただけるソリューションをご紹介させていただきます。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

システム部門の運用負荷軽減を実現する
サイバーセキュリティ対策 & Windows10運用管理

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社富士通マーケティング、Sky株式会社、イージス株式会社

開催日時 2020年1月22日(水)
受付|13:00~
展示会|13:00~17:00
セミナー|13:30~16:40
会場 

富士通株式会社 九州支社 4階 セミナールーム

〒812-0007 福岡県福岡市博多区東比恵3-1-2 東比恵ビジネスセンター

※公共交通機関からのアクセス
・福岡市営地下鉄「東比恵駅」 徒歩1分
・西鉄バス「比恵」下車 徒歩1分
・JR九州「博多駅」 徒歩15分

※会場には駐車場はございません、公共交通機関にてご来場下さい。

会場MAPはこちら 

参加費  無料 
定員 30名
※お申込み状況によっては、同業他社さまのご参加をご遠慮いただく場合がございます。
対象部門 情報システム部門、情報セキュリティ担当者
アジェンダ 

受付開始|13:00~

セミナー開始まで展示コーナーへお立ち寄りください。

基調講演|13:30~14:20

ホワイトハッカーが考える企業が対策すべきセキュリティ対策と運用負荷軽減策

昨今、サイバー攻撃の脅威が増大している中で、「盗られる情報はない、狙われるわけがない」など、多くの企業でいまだサイバー攻撃の脅威に対する対策が十分講じられているとは言えません。

しかしながら一方で、対策の基準や対策による業務負担などが懸念されます。このため、ホワイトハッカーの資格を有するエキスパートが最新のサイバー脅威とそれに対する効果的な対策についてわかりやすく説明します。

講師:イージス株式会社

第一部|14:20~15:00

運用負荷軽減を実現するエンドポイントセキュリティ製品

AppGuard Enterprise

20年間米国政府で利用され、一度も破られたことが無い実績を持つ新概念のエンドポイントセキュリティ製品です。「AI型」や「振る舞い検知」のような過検知もなく、「ホワイトリスト型」のような面倒な設定も必要なく、「EDR製品」のような運用管理も必要ありません。

完全な未知のマルウェアからもPCを守る高セキュリティかつ運用負荷軽減を実現する仕組みを、他のエンドポイント製品との違いを交えながらご紹介いたします。

講師:大興電子通信株式会社

第二部|15:20~16:00

Windows10移行後のアップデート運用負担軽減に向けたアウトソーシングサービス活用について

Windows10 運用代行サービス

Windows10への移行が進む中、アップデート運用への対応について、心配されているお客さまが多くいます。

本セミナーでは、移行後の運用負荷軽減を目的としたアウトソーシングサービス活用のポイントについて解説します。

講師:株式会社富士通マーケティング

第三部|16:00~16:40

Windows10の管理方法の検討は進んでいますか?

SKYSEA ClientView

企業へのWindows10導入が本格化していますが、これまでと大きくOSのアップデートの考え方が変わるため、Windows10の適切な運用管理について悩まれているお客さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

本セミナーでは、Windows10移行後に注意したいアップグレードの適用方法や効率的なPCの運用方法について、SKYSEA ClientView で支援できる内容をご紹介いたします。

講師:Sky株式会社

展示|16:40~17:00

展示コーナーへお立ち寄りください。

お申込み締切 2020年1月21日(火)17:00
※定員に達し次第、お申込みを締め切らせて頂く場合がございます。
お問い合わせ窓口  大興電子通信株式会社
九州支店 営業課
担当:吉田
TEL:092-771-6431
FAX:092-771-6433
MAIL:kyu.sa@daikodenshi.co.jp

 

お申込み受付は終了いたしました