【終了】2021年11月15日|【Webセミナー】青色申告取消のリスク回避! 知らないと損する電子帳簿保存法改正についてよくわかるセミナー

2022年1月からの電子帳簿保存法改正への対応は経理・総務部のみなさまにとって
懸念事項ではないでしょうか。

改正法施行までに保存するシステムを導入することが出来ず、
事務処理規程及び検索簿を手作業で作成し、自社サーバに保存する企業さまも
多いのが実情です。

そこで本セミナーでは、OCR及びRPAを活用し検索簿を自動作成することで、
改正法対応で発生する手間や負担を手軽に軽減する方法をご提案します。

皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げます。

このセミナーで学べる事

  • 電子帳簿保存法改正の概要について
  • OCR/RPAを利用した電子帳簿を管理できる検索簿の作成方法
  • DAiKO OCR with AI inside/DAiKO RPA Powered by おまかせRPAの概要と 無料トライアルのご案内

このような方におすすめ

  • 電子帳簿保存法についてよく知らない方
  • 電子帳簿保存法改正への対応に不安がある方
  • OCR・RPAに興味がある方

セミナー概要

タイトル

青色申告取消のリスク回避! 知らないと損する電子帳簿保存法改正についてよくわかるセミナー

  • 主催:大興電子通信株式会社、
  • 共催:東日本電信電話株式会社

開催日

2021年11月15日(月)16:00~17:00

参加対象

経理財務部門・総務人事部門のご担当者さま

配信方式

ライブ配信(zoom)

※注意事項

同業他社の方はお断りさせていただく場合がございます。ご了承下さい。

Program

基調講演 | 電子帳簿保存法改正で何が変わるのか?

2022年1月より改正電子帳簿保存法が施行されます。
電子帳簿保存法の概要、改正前と改正後で何が変わるのか、改正に伴いどのような対応が必要になるか、
対応の重要性等、電子帳簿保存法改正についてポイントを絞って解説いたします。

講師:東日本電信電話株式会社

第一部 |検索簿が自動で作成できる!?その秘密はOCR/RPAにあり!!

電子帳簿保存法改正によって電子取引データの紙保存が禁止され、システム導入が間に合わない場合、
事務処理規定及び電子取引データの検索簿が必要となります。
第一部ではOCR/RPAを活用した検索簿の作成について説明いたします。
デモをご覧いただきながら解説しますので、導入後のイメージがつかみやすい内容になっております。
「検索簿を手作業で作成するのは手間なので、何とかしたい!」という方、必見です!

講師:大興電子通信株式会社

第二部 |DAiKO OCR with AI inside/DAiKO RPA Powered by おまかせRPA のご紹介

第一部の「検索簿自動作成」で使用した、
当社のDAiKO OCR with AI inside/DAiKO RPA Powered by おまかせRPAをご紹介いたします。
「OCRの識字率が高い」「RPAメニューが日本語で作成可能」「導入の手軽さ」がお客さまより大変ご好評をいただいているツールです。
無償トライアルキャンペーンについてのご案内もございますので、ぜひご覧ください。

講師:大興電子通信株式会社

※注意事項

同業他社の方はお断りさせていただく場合がございます。ご了承下さい。

お問い合わせ

大興電子通信株式会社
マーケティング本部 業務ソリューション推進課
担当:中山

〒162-8565
東京都新宿区揚場町2-1(軽子坂MNビル) mail:docr@daikodenshi.co.jp