【終了】2021年11月24日|【Webセミナー】電子帳簿保存法改定まであと1ヶ月!インパクトの大きい当制度改正を乗り越え、「本来のあるべき姿」で保存するためには?

令和4年1月1日に施行される電子帳簿保存法改定により、多くの企業が請求書の保存方法を見直す必要があることをご存知でしょうか?メールやWebなど、電子的に受け取った請求書を紙に印刷保存する事が認められなくなります。

当制度改正に向けて社内ルールを完備されている企業さまもある一方、時間的な問題などにより、「とりあえず」という対応にならざるを得ない企業さまも多いのが実情です。

そこで本セミナーでは、経費精算システムや会計システムを使い電子保存する方法をご紹介いたします。

皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げます。

セミナー概要

タイトル

電子帳簿保存法改定まであと1ヶ月!インパクトの大きい当制度改正を乗り越え、「本来のあるべき姿」で保存するためには?

  • 主催:大興電子通信株式会社
  • 共催:パナソニック ネットソリューションズ株式会社 / リック・アンド・カンパニー合同会社

開催日

2021年11月24日(水)15:00~16:30

参加対象

経営層、経理部・経営企画部・情報システム部門のご担当者さま

開催会場

オンライン(zoom)

※注意事項

同業他社の方はお断りさせていただく場合がございます。ご了承下さい。

 

Program

基調講演|
令和4年改正まであと1ヶ月!電帳法会計士が語る、今からでも最低限やっておくべきこととは?事例で見る電帳法対応の現実解と動画ツール「カミナックス」のご紹介

改正電帳法の施行まであと1ヶ月となりました。 改正後は電子取引の電子保存が義務化されるため、紙での保存は認められません。

本講演では、これら「電子データ」の取り扱いに関するポイントと今後の現実的な対策についてを解説いたします。

また、領収書の電帳法対応を進めるためのレクチャー動画ツール「カミナックス」をご紹介いたします。

講師:リック・アンド・カンパニー合同会社 代表CEO / 公認会計士 齊藤 佳明 氏

第一部|「MAJORFLOW Z KEIHI/FORM」で簡単に一元管理

令和4年1月からの電子帳簿保存法の改正を機に、ワークフローを利用した各種書類の電子化を検討されている企業が増加しています。

本講演では、電子帳簿保存法対応機能を備えた「MAJORFLOW Z」をご紹介いたします。紙で受け取った領収書などを電子保存する”スキャナ保存”のシステム化ができる「MAJORFLOW Z KEIHI」、電子取引を一元的に管理できる「MAJORFLOW Z FORM」の使い方をそれぞれご紹介いたします。

講師:パナソニック ネットソリューションズ株式会社 営業本部 石嵜 真資 氏

第二部|「SuperStream」での電子帳簿保存管理

約1万社の導入実績のある会計システム「SuperStream」においても、令和4年1月からの電子帳簿保存法に対して対応する方針になっております。

本講演では、「SuperStream」の対応内容をご説明いたします。

また、経理部のDX化に向けて、自動読み込みや自動化などの最新技術も含めてご紹介いたします。

講師:大興電子通信株式会社 マーケティング本部 業務ソリューション推進課 寺本 仁

お問い合わせ

大興電子通信株式会社
マーケティング本部 ソリューション推進室
業務ソリューション推進課
担当:寺本、鷲見、中山

〒162-8565 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル

TEL:03-3266-8171
Mail:suishin@daikodenshi.co.jp