HOME > IR情報 > IRに関する事項 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本方針について

当社は、株主や投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に、当社をご理解のうえより適正な評価をいただくために、当社の重要な情報を公正かつ適時に開示してまいります。

情報開示方法について

「有価証券上場規程」等(以下「有価証券上場規程等」といいます)に沿って情報開示を行います。
有価証券上場規程等に該当する情報の開示は、東京証券取引所への事前説明後、同取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(以下「TDnet」といいます)にて公開し、遅滞なく各報道機関へも発表を行います。
有価証券上場規程等に該当しない情報につきましても、ステークホルダーの皆様にとって有効と判断される情報は、適切な方法により積極的に開示してまいります。
TDnetにて公開した情報は、ホームページ上でも速やかに公開します。

業績予想および将来の見通しについて

当社は、四半期ごとに業績の開示を行っており、その情報の一部には将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は発表時点での予想であり、将来の業績を保証するものではありません。実際の業績は、さまざまな要素によりこれらの見通しとは異なる結果となりうることをご承知おき願います。

当ホームページのご利用について

当社は、インターネット上で当社の情報を検索されるステークホルダーの皆様のために、ホームページを開設しています。
当ホームページは、予告なしに運営の中断、内容の変更を行うことがあり、また、通信環境やご利用されるコンピュータの状況、その他の理由により正常にご利用できない場合があります。これらにより生じた如何なるトラブル、損失、損害に対しても当社は責任を負うものではないことを予めご了承願います。

「サイトのご利用について」もご参照ください。

沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各四半期終了日の翌日から当該四半期業績の発表までを「沈黙期間」とし、決算に関する対外的コメントおよび問い合わせへの回答は原則として控えさせていただきますのでご了承願います。ただし、沈黙期間中に業績予想と既発表の業績予想の差異が適時開示に該当する変動幅となることが明らかになった場合は、業績予想の修正として情報の開示を行います。