【終了】2017年11月15日|個別受注設計製造業さまのシステム化改善事例セミナー

工場自動化装置、工作機械、食品機械、プラントなど、個別受注設計生産に特化したIT活用事例セミナーです。 
顧客ごとに仕様が異なる製品を製造する企業さまで発生する日程管理、設計変更対応、原価低減方法、ナレッジ共有など営業、設計、購買、製造、生産管理各部門でのシステム利用例などをご紹介いたします。
ご多用とは存じますが、皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社富士通マーケティング

開催日時

2017年11月15日(水) 14:00 ~ 16:00(受付 13:30~)

会場 

株式会社富士通マーケティング
JRゲートタワー31階 Seminar Room 2
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー

>>会場MAPはこちら

対象  設計・製造・生産技術・資材部門の担当者さま、情報システム部門のお客さま
定員  30名
参加費  無料 
アジェンダ 

【第一部】生産計画の悩み解決!加工組立業での生産計画システム

・情報共有性と計画精度を向上、計画情報を統括管理
計画業務に関わる複数の管理者/担当者間での情報共有性を向上させ、企業内で総括して管理することが可能。計画管理系業務の作業効率向上・精度向上を実現するための次世代スケジューラーをご紹介します。

・業種に特化した機能を搭載
加工業・組立業の各業種に特化した機能を提供しているため、お客さまの早期導入・早期稼動を実現します。

講師:株式会社富士通マーケティング

 

【第二部】個別受注生産での「生産管理システム」構築事例

・個別設計生産管理システム「rBOM」活用の事例
同業界で200社以上の導入実績のある、生産管理システムを事例に、システム構築時に必要な留意点、他社の活用事例などをご紹介します。
量産型システムと個別型システムの違いとは?失敗しないシステム選定のポイント等もご紹介します。

・設計BOMと製造BOMの連携・技術データの一元管理
営業、設計、調達、製造、保守までのデータを一元化。設計変更時にどのように後工程に知らせるのか?手配進捗や原価進捗をリアルタイム共有する方法。図面やお客さまからの要求仕様書など、関連するドキュメントを一元管理する事例などをご説明します。

・取引先とのデータ共有(図面や注文書等をペーパーレス化)
図面データを基幹システムと一元化。取引先に外注発注する際に、図面、注文書、現品票等を電子化し、紙での印刷を廃止し、インターネットで配信。印刷や送達の手間を削減した事例をご紹介します。

・個別製造業のIoT活用
スマートデバイスでの実績収集、ビーコンを利用した実績収集の自動化、生産指示情報を現場表示し作業を改善。
CNC工作機械からの実績収集、電子あんどん表示等の事例もご紹介します。

講師:大興電子通信株式会社

タイムスケジュール 

  •  14:00~14:40 生産計画の悩み解決!加工組立業での生産計画システム
  •  14:40~16:00 個別受注生産での「生産管理システム」構築事例

※プログラムの内容は都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

お申し込み締切 2017年11月14日(火)17:00
お問い合わせ窓口  大興電子通信株式会社 名古屋支店 担当:坂本、田中、小島
TEL:052-201-7188

 

 
※本セミナーは、お申込み終了いたしました。