2018年1月17日|IoT&ICT導入による設備・人の可視化 働き方改革【事例セミナー】

ものづくり現場では、技能伝承、工場設備や人の可視化、バーチャルファクトリーによる効率化など、新たな価値を創出するためIoTやICT、AI、ビーコン、工場シミュレーターなどの活用が始まっております。
 本セミナーでは、“働き方改革”の実践にあたり業務改革に取り組んでおられる事例講演をはじめ、製番管理でのシステム紹介やIoT最前線の情報を 幅広くご提供させていただきます。

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社経営システム研究所、ミツイワ株式会社、富士通エフ・オー・エム株式会社

開催日時

2018年1月17日(水)13:30~17:00(受付 13:00分~)

会場 

ホテル メルパルク広島 5階 桃の間
〒730-0011
広島市中区基町6-36
紙屋町西電停より徒歩1分
>>会場MAPはこちら
対象   製造・生産技術部門の方、工場IoT化検討部門の方
定員  30名
参加費  無料 
アジェンダ 

【第一部】 IoT業務改革型生産管理システム再構築で生産性2倍!

残業規制と労働人口減少時代を自力で克服

厳しくなる一方の残業規制、上昇を始めた非正規社員賃金、労働人口の急減、新卒売り手市場が今後も見込まれます。
より少ない人数で活動できる設計~生産体制をつくり、その結果をシステム再構築に反映させて、驚異的な成果を得る事例が出始めております。このような企業の取り組みと着眼点について、お話しいたします。
講師:株式会社経営システム研究所

【第二部】ICTを活用した製番管理・個別受注型 生産管理システム

設計BOMと製造BOMの連携 ・ 取引先とのデータ共有(図面や注文書等をペーパーレス化)

営業、設計、調達、製造、保守までのデータを一元化し、設計変更時にどのように後工程に知らせるのか、手配進捗や原価進捗をリアルタイム共有する方法をご紹介いたします。 取引先に外注発注する際に、図面、注文書、現品票等を電子化し、インターネット
で配信することで印刷や伝達の手間とコストを削減した事例をご紹介します。
講師:大興電子通信株式会社

【第三部】IoT最前線! 中堅・中小製造業も設備・人の可視化へ

設備監視、保全業務、予防保全の効率化 ・ 作業者の動作分析情報を自動収集

簡単な設定だけでPLCやCNC等の制御機器からデータを取得し、工場内の可視化が行えます。
スマートウオッチとビーコンがセットになったスマートロガーを使い、作業者の動態情報を自動収集し、作業工程別に作業動態、作業時間を非接触、ハンズフリーで収集可能。 事例のご紹介を含め、実機も展示いたします。
講師:ミツイワ株式会社

【第四部】動画作業分析で現場改善! 若手への技術伝承ツール!

動画を分析することで、作業のムリ・ムダ・ムラを無くし標準化、効率化へ

ベテランから若手への 『技術伝承』や 『動作分析』、『マニュアル作成』など製造現場の効率化はもちろん、保守業務やピッキング作業などさまざまなシーンで活用いただけるツールをご紹介いたします。

講師:富士通エフ・オー・エム株式会社

タイムスケジュール 

  •  13:30~14:20 IoT業務改革型生産管理システム再構築で生産性2倍!
  • 14:20~15:10 ICTを活用した製番管理・個別受注型 生産管理システム
  • 15:25~16:25 IoT最前線! 中堅・中小製造業も設備・人の可視化へ
  • 16:25~16:55 動画作業分析で現場改善! 若手への技術伝承ツール!  

※プログラムの内容は都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

お申し込み締切 2018年1月16日(火)17:00
お問い合わせ窓口  大興電子通信株式会社 
中国支店 セミナー事務局 武清
TEL:082-535-8700