【開催中止】2018年2月27日|食品業界必見セミナー 働き方改革を実現する RPAと労務管理のポイント【兵庫】

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社内田洋行、株式会社ユーザックシステム

開催日時 2018年2月27日(火)14:30~17:00(受付14:00~)
会場  三宮コンベンションセンター 502会議室
〒651-0084 
神戸市中央区磯辺通2-2-10 ワンノットトレーズビル5F
>>会場MAPはこちら
対象   総務・情報システム ご責任者・ご担当者さま
定員  30名
※同業他社の方のお申し込みはお断りする場合がございますのでご了承ください。
参加費  無料 
アジェンダ 

【基調講演】RPAを活用した受注業務の改善による働き方改革の実現

RPA(Robotic Process Automation)を活用した働き方改革の実現方法をご紹介します。
食品製造・卸業界においては取引先さまからのさまざまな受注形態に対応するため、工夫して業務を遂行されておられることと存じます。この様な受注業務の負担を軽減するためのRPA導入の進め方を、導入された企業様の事例を交えてご紹介をさせていただくとともに、2つのRPAツールもご紹介をいたします。
講師:ユーザックシステム株式会社 田中 卓

【ユーザックシステム株式会社】
専用伝票の発行、受注業務改善ソフトウェアを長年にわたり開発し、『名人シリーズ』は多種多様な業種のお客さまで多くの導入実績がございます。

【労務管理の業務改善事例ご紹介】
 アナログ中心の勤務計画プロセスを見える化し業務改善を実現

食品業界では、勤務形態が複雑で多岐にわたるため過去の経験に基づく感覚的な勤務シフトが組まれています。そのため、スタッフに対する評価も曖昧なものとなり、経営効率を追求するあまり、現場では人時不足となっているようです。
本セミナーでは、食品メーカーの業務改善に向けた取組事例をご紹介します。
講師:しくみさんじょうぷろじぇくと 代表  冨田 昌裕

1985年株式会社タカキューに入社し、情報システム・物流プロジェクトを推進。2016年独立起業しアドバイザーとして活躍中。
流通業を中心に業務改革・改善のプロジェクト支援活動を行っています。

タイムスケジュール 
  • 14:30~16:00 【基調講演】
             RPAを活用した受注業務の改善による働き方改革の実現 
  • 16:10~16:50 【労務管理の業務改善事例ご紹介】
            アナログ中心の勤務計画プロセスを見える化し業務改善を実現

※プログラムの内容は都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

お申し込み締切 2018年2月26日(月)17:00
お問い合わせ窓口  大興電子通信株式会社 関西支店 梶山
TEL:06-6125-1361

 

※諸般の事情により開催を中止させて頂く事となりました。