HOME > 大興セミナー情報 > 食品業界必見セミナー 事例にみる業務改善のポイント

食品業界必見セミナー 事例にみる業務改善のポイント【大阪】

主催:大興電子通信株式会社

共催:株式会社内田洋行

株式会社富士通マーケティング

開催日時

2017年 7月26日(水)15:00~17:00 (受付 14:30~)

開催場所

株式会社富士通マーケティング セミナールーム

会場 大阪市北区梅田3-3-10  梅田ダイビル13階
JR「大阪駅」徒歩4分
阪神電鉄「梅田駅」徒歩5分
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」徒歩5分

>>会場MAPはこちら

対象

総務・情報システム ご責任者さま/ご担当者さま

定員

40名

※同業他社様・個人のお客様からのお申し込みはご遠慮いただく場合がございます。

参加費用

無料 (定員に達し次第締め切らせていただきます)

アジェンダ

【基調講演】

 

メールやWeb受注の増加に対応した受注業務改善策

 

昨今、受注形態はEOSからWebEDIへとシフトし、メールやWebによる受注が増加しており、既存のFAXもなくならない食品製造・卸業界においては、取引先様からの様々な受注形態に対応するため、工夫して業務を遂行されておられることと思います。この様な受注における業務負担を軽減するポイントを事例を交えてご紹介し、受注業務のコスト改善ができるソフトウェアもご紹介いたします。

 

ユーザックシステム株式会社

松尾好二 氏

 

 

【ユーザックシステム株式会社ご紹介】


専用伝票の発行、受注業務改善ソフトウェアを長年にわたり開発し、『名人シリーズ』は多種多様な業種のお客様で

多くの導入実績がございます。

 

 

【業界新聞に掲載の業務改善事例ご紹介】

 

食品製造業様における製販統合パッケージ適用事例

 

洋菓子製造業様をはじめ幅広い食品製造・卸業様における豊富な導入実績を持つ「ERP/基幹業務システム スーパーカクテル」の適用事例から今回は【日本食糧新聞】に事例記事として掲載された3社の事例をご紹介します。

 

A社:クラウド利用型のシステム運用コスト削減、原材料の廃棄ロスの削減効果大、原価集計業務の時間短縮

B社:オーダーシステムからリアルタイムのパッケージ導入で出荷業務の時間短縮とロス・ミスを無くす大幅な改善

C 社:店舗POSとの連携強化で、店舗売上集計時間10分の1、BIとの連携時間が5分の1に短縮

 

株式会社内田洋行 情報システム事業部

 

 

※プログラムの内容は都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先           

大興電子通信株式会社 関西支店 梶山 

TEL:06-6125-1361

申込方法

お申し込み終了