iNetSec FCとは?

iNetSec FCは、工場内の機器とネットワークを見える化するソリューションです。
トラブルの抑止・対処の迅速化で、止まらない工場の実現を支援します。


iNetSec FC
ネットワーク見える化装置

iNetSec FCの基本機能

機器とネットワーク構成の「見える化」

・ネットワークに接続された機器の「見える化」
機器の詳細情報も自動識別して登録。
IPアドレスを持たないスイッチングハブ(ノンインテリジェントハブ)も独自技術で自動検出します。

・ネットワークの構成図を見える化

自動で接続構成を分かりやく画面表示。接続するスイッチのポート番号も一目瞭然。機器とネットワークの偏りも把握できます。

 

ネットワーク状況の見える化と接続監視

 ・ネットワーク状況の見える化
ネットワークの負荷と品質を分かりやすく表示し、転送性能低下や機器故障のリスクを把握。過去の状態も確認できます。

 

・ トラブル機器と影響範囲を見える化

機器の接続状態を常に監視し、トラブルが発生した機器をすぐに確認できます。影響範囲も一目で分かります。

生産設備に影響を与えず機器を検知

・ 「パッシブ検知方式」を採用
生産設備に一切のパケットを送信しません。機器の詳細を把握したいときは「アクティブ検知方式」で情報収集もできます。

 

iNetSec FCの設置構成

NetSec FCは、ネットワーク見える化装置とマネージャーで構成されています。

ネットワーク見える化装置
機器の検知・識別を行うアプライアンス。
監視するスイッチのアクセスポート(またはトランクポート) に接続します。

・ マネージャー
ネットワーク見える化装置を統合管理するソフトウェア。

登録商標

記載されている会社名、製品名及びサービス名は各社の商標または登録商標です。

・iNetSec SF は株式会社PFUの登録商標です。

 

製品に関するお問い合わせやお見積り依頼等は下記のフォームからご連絡ください。