intra-mart

intra-martとは

 

システム基盤/PaaSの確立が「真の企業競争力」を実現する

個別最適が進んできたこれまでのIT環境を見直し、アプリケーションから独立したシステム基盤の確立を目指そうとするお客様は、着実に増加しています。

特にIT投資が絞り込まれている現在の環境下こそ、足元のシステム基盤を見直し、今後のグランドデザインを明確にしていく大きなチャンスといえます。 優れたシステム基盤は、恒常的なITコストの削減とM&A に伴うグループ経営を支えるためのIT拡張、海外市場に展開するためのグローバル拡張など、拡張性のある柔軟なIT環境を根本から支えることができるのです。

最近の仮想化技術の進展やクラウドなど、最新のテクノロジーも自社のシステム基盤に積極的に取り入れ、PaaS(Platform as a Service)として発展させていく事例も増えてきました。

intra-martは、オンプレミスではシステム基盤、クラウド上ではPaaSとして利用でき、さらに国内外3300社(2014年3月末現在)を超える導入実績と卓越したノウハウが結集しています。
 
 

◆システム基盤のもたらす効果

業務システムを短期かつ低コストで構築
ビジネス変化にも柔軟に対応
集約によるIT投資の効率化

 whats_システム基盤のもたらす効果.jpg

 

 

ビジネス革新を支える「システム基盤/PaaS」 -------- それがintra-mart

優れたシステム基盤に求められる要素とは、継続的に安定して利用し続けられ、新技術を基盤側で吸収しながら習得が容易で拡張性にも優れている「Open」性、そして、素早い開発スピードによる高い投資効率、システム開発の容易性だけでなく、長く使える基盤でありながらもTCO削減につながる「Easy」さ、だと考えています。

 

Open

各種オープンソースソフトウェア(OSS)を組み込んだシステム基盤
intra-mart製品もソースコード公開。カスタマイズ・拡張が自由
OSSまで含めて一括インストール、また保守サポートも一括で実施
多言語・タイムゾーン対応によるグローバル利用

 

& Easy

スピード開発を実現するフレームワーク 〔ビジュアル開発も可能なJavaEEフレームワーク、簡易なスクリプト開発、  ノンコーディングのアプリケーション開発〕
完成度の高いワークフロー・生まれ変わったBPMをはじめ、ポータル、ERP連携モジュールなど、豊富なサービスコンポーネント群による簡易なWebシステム開発
情報系から基幹系までの豊富なSOA 対応アプリケーション群の品揃え
PaaSによるマルチテナントで、ひとつのアプリケーションを複数の会社で共同利用
フレームワークがバージョンアップしても開発した個別アプリケーションは、上位互換可能

統合型フレームワーク&アプリケーションによるSOA・BPMプラットフォーム

フレームワーク上に用意されているコンポーネント群を利用することで、従来ゼロから開発していた複雑で大規模なWebシステムでも、既存システムと連携した統合Webフロントとして短期間かつ高品質に構築できます。またソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークに発展させることができます。

whats_プラットフォーム.jpg

 

 


3300社を超えるお客様事例が語る"intra-martの効果"

intra-martの提供するシステム基盤およびアプリケーション群は、お客さまのあらゆるニーズにあわせて、様々な機能・運用形態を実現します。その信頼の高さは3300社を超える導入実績に表れています。intra-martを使ってどのようなシステムが実現できるのか、その機能の一端を実際の導入事例とあわせてご紹介します。

 

 

bottan_12_16.gif