検出型セキュリティの限界と
マルウェアを発症させないことの重要性

大手国内企業や米国政府機関が選んだ
エンドポイントセキュリティ「AppGuard」
従来とは異なるアプローチをご紹介します。

ホワイトペーパーの内容

本資料では、IT担当者が現地対応できないテレワーク端末や、テレコールセンターのような専用端末や、総務人事のメールを必ず開ける必要がある端末など
“発症してはいけない”端末の防御に最適なエンドポイントセキュリティ「AppGuard」についてご紹介します。

その他にもアンチウイルスによる攻撃パターンと次世代アンチウイルスについてや、その課題の対処法などもまとめております。

システム担当者さま必見です。ぜひ、ご一読ください。

資料の目次

第1章 
“悪いものを検出する”というアプローチは限界

第2章 
マルウェアを発症させないという新発想

第3章 
AppGuardはホワイトリスト型の製品?

第4章 
なぜアンチウイルスは後手に回るのか?

第5章 
次世代アンチウイルスなら先回りできるのか?

第6章 
EDRはいつ侵入された事に気づくことができるのか?

第7章 
大手国内企業や米国政府機関が選んだ高い信頼性

第8章 
政府機関等の対策基準策定のためのガイドラインに準拠

新種のマルウェア・未知の脅威を防ぐ
新世代セキュリティ「AppGuard」とは

APP GUARD

Scroll Up