DAiKO OCR with AI inside

「DAiKO OCR with AI inside」は、手書き書類や帳票の文字読み取りを行い、データ化するAI-OCRサービスです。

大量の書類のデータ化により帳票処理業務の稼働削減が期待できます。

導入前

  • 紙・書類を使った業務は、生産性向上の天敵と言われています
  • システムによるペーパレス化が進んでも、職場の「紙」を完全になくすのは困難です

 

導入後

  • 紙を使った定型業務の効率化のために、AI-OCR「DAiKO OCR with AI inside」とRPA「DAiKO RPA Powered by おまかせRPA」のセット利用をご提案します。

 

サービス概要

サービス提供イメージ

  • AIにより飛躍的に読取精度が向上したOCRが、業務効率化のキーポイントとなります。
  • 本サービスのご利用には、スキャナー等の帳票類を電子化する機器およびインターネット接続環境が必要です。
  • 本サービスは、AI inside 株式会社の「DX Suite」を活用しております。
  • DX Suite、Intelligent OCR、Elastic Sorter は AI inside 株式会社の登録商標です。

キーポイント

AIの活用による高い識字率

ディープラーニング、住所DB等を用いた補正による高い識字率(トライアルでは96%以上*

*識字率はNTT東日本が実施したトライアルの検証結果に基づきます。

情シスがない企業でも使いこなせる

  • 直感的で分かりやすい利用者画面
  • 設定や操作を遠隔でサポート (年中無休)
設定画面

確認画面

ブラウザベースの利用者画面は直感的でわかりやすく、効率的な作業化が可能です。

 

作業自動化による大幅な稼働削減

紙のデータ化からシステム投入まで自動化することで稼働を削減 (トライアルでは47%83%

  トライアル内容 作業時間(1作業あたり) 稼働削減効果
導入前 導入後
A社(賃貸不動産) 賃貸契約申込書のデータ化、及び基幹システムへの投入自動化 1分34秒 42秒 55
B社(税理士) 相続業務のための通帳のデータ化、及び読取結果のエラーチェック 54分42秒 9分15秒 83
C社(メーカ) 給湯器の登録書のデータ化、及び申請書の作成 3分 1分36秒 47

 

稼働削減率はNTT東日本で2018年8月-9月に上記3社で行ったトライアルの検証結果に基づきます。(対象帳票数:3900枚)

トライアル前(2018年7月)とトライアル時の帳票1枚に必要な処理時間を比較しています。

本トライアルは、AI inside 株式会社の「DX Suite」を活用しております。

 

金額

1.基本料金(税抜き)

区分 単位 料金 最低利用期間・解約金等
基本メニュー 基本額(6万項目/月まで) 管理者ID 月額10万円
  • 最低利用期間 :12ヶ月
  • 解約金:最低利用期間の残月数に3.75万円を乗じた額
加算額(6万項目/月を超える場合) 下記以外(文字、数字等) 項目 1円
ブランク、チェックボックス 0.5円
2ヶ月トライアル 基本額(6万項目/月まで) 管理者ID 月額10万円 2ヶ月分の料金を一括請求
加算額(6万項目/月を超える場合) 項目 (基本メニューと同条件)

 

2.オプションサービス料金(税抜き)

区分 単位 料金 最低利用期間・解約金
帳票仕分機能 基本額 (項目数と枚数の合算値が6万/月まで) 管理者ID 月額2万円
  • 最低利用期間:12ヶ月
  • 解約金:最低利用期間の残月数に1.25万円を乗じた額
加算額(項目数と枚数の合算値が6万/月を超える場合) 1円
ID追加オプション ※アクセス範囲の制限が可能なID 利用者ID 無償