AppGuard(アップガード)とは?

従来の「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レピュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。

AppGuard はシステムの正しい動作と機能を衞ります

ネットにつながる全てのコネクテッド・システムをサイバー攻撃から衛またネット上での“信頼”を確保し プライバシー保護を基に、皆様に「安心」と「安全」を提供致します。

実績

GSN(Global Security News)Homeland Security Award

AppGuardのコア技術は米国の政府機関で18年以上の利用実績があり、過去3年連続でHomeland Security Awardを受賞

Certificate of Networthiness (CoN)の認証取得

米国陸軍通信技術司令部(NETCOM)より認証を取得。

※CoN認証はAppGUardが米国陸軍並びに米国防総省の高水準なセキュリティ・スタンダードを満たしていることを示します。

 

AppGuard(アップガード)テクノロジーのコア技術

  1. Trusted Enclaves
    コンピューターシステムの「プロセス隔離技術」に関する特許技術
  2. Trustable Communities
    「セキュリティ依存関係」をもつソフトウエアコンポーネント管理に関する特許技術
AppGuardは、感染リスクが高いハイリスクなアプリケーションでも、信頼されるアプリケーションでも、既にマルウェア感染されている可能性があるものとして、起動時にコンテナ化しプロセスを隔離します。そのうえで、プロセスの動作範囲を限定し、通常の動作は可能にしながらも不正なプロセスやメモリへ のアクセスや書き込み、OS の重要なコンポーネントなどポリシー違反の動作を完全遮断、阻止します。さらにAppGuadは、ポリシーを継承することで、プロセスから派生する子のプロセスも自動的に隔離します。

AppGuardは、未知や既知に関係なくマルウェアの不正な動きを完全阻止し、ランサムウェア や Fileless Malware からも防御します。また、1MBの超軽量な防御エンジンで高速に動作し、シグニチャや機械学習エンジンの定期アップデートが不要で、ネットワーク非接続環境でも動作が可能なところがAppGuardの特徴です。

 詳細はこちらから

販売パートナー

アイケーネット株式会社

イートライアル株式会社