IoW(Internet of Workers)

Internet of Workers -モノよりも、働く人のために-
働く人々(Workers)とインターネット(Internet)を結びつける概念

IoW(Internet of Workers)では、現場で働く作業者が、安心して安全に働ける環境を実現するために、現場の課題をさまざまなツールを活用し支援いたします。

IoWとは

明確な目的や役割を持って行動する人、すなわち働く人々をネットワークで支援することを目的とした IoW (Internet of Workers) を提唱しております。

少子高齢化、人口減少、労働生産性の低下、メンタルヘルス対策など、労働者個々人への負荷が高まっています。一方で、AIやIoTの技術が進歩する中、限られた労働者のみがITの恩恵を受けるに留まり、情報格差が広がっている状況です。

IoTによる、工場での生産設備の見える化や自動化。サービス業におけるコールセンターの自動応答業務。この様なIT活用だけでなく、弊社は、ウェアラブル端末を通し、ITが労働者個々人の業務をサポートする。労働者とインターネットを繋ぐ、IoW(Internet of Workers)の普及を、ミライアプリ株式会社と共に進めて参ります。

工場や建設現場、店舗での接客などで、働く人々を対象としています。働く人々がウェアラブル端末を身に着けることで、データ収集、位置検出、情報共有などの要素技術を用いて、新たな付加価値を創造していきます。

わかるんです!! IoW熱中症対策サービス

工場・倉庫 × IoW(温湿度センサ)= 熱中症対策サービス

工場、倉庫などの職場においても、熱中症による死傷災害対策が大きな課題となっています。熱中症対策では、暑さ指数の測定、定期的な休憩、水分補給の促進などの対策が推奨されています。温湿度センサから暑さ指数を取得して、スマートウォッチに定期的な休憩を促します。

■利用イメージ

  • 温度、湿度が一定値以上になると、ダッシュボード上の該当エリアの温湿度表示の文字色を赤色に変更し、警告表示をします。
  • 管理画面より、働く人の状態を把握(位置、心拍、歩数)します。
  • 管理画面より、働く人に対してメッセージを送信します。
  • 働く人からのSOSを、位置とともにアラーム発報します。

作業現場での熱中症対策や、安全管理をご検討中のご担当者様に、大規模な投資をすることなく、トライアルいただけるパッケージもご用意しております。熱中症対策としてどれくらい有効か、自社の運用に適用できるかなど、本格的なご検討の前にご利用いただけます。

熱中症対策サービスは医療行為を目的に開発されたものではありません。

▶▶▶ サービスの詳細はこちらのページをご覧ください ◀◀◀

「熱中症対策トライアルパック」イメージ

資料請求・お問い合わせ

当サービスに関するご質問や資料請求、デモンストレーションのご希望など、どのようなことでも結構です。

まずはお気軽にご相談ください。お客さまのニーズに適した最適なご提案でサポートいたします。

※遠隔作業支援、位置情報共有、ガス濃度検知、動線管理、画像/映像監視については、カタログ資料にてご案内いたします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。