メールセキュリティの必要性

サイバー犯罪の90%以上がメールをきっかけにしています

フィッシングによる個人情報等の詐取

ビジネスメール詐欺

未知のマルウェアの出現

Microsoft はフィッシングサイト第1位

Vade for M365について

 

 

Vade for M365はMicrosoft365ユーザー様向けのメールセキュリティソリューションです。
インストールもMXレコードの設定変更も不要で導入が可能です。
また、AIを用いて攻撃の前や最中だけでなく、攻撃後でも脅威を阻止する機能を持っています。

メールセキュリティのよくある課題もVade for M365で解決!

ゲートウェイ方式の課題

 

  • 導入、構築工事が大変!(MXレコードの変更)
    本番メール環境の設定を変更するため、工事のタイミングがシビア(連休深夜帯など)
    工事前後でメールが紛失していないかチェックテスト等、細かい計画が必要
    検証を実施するにも同様の工事が必要、簡単に検証できない

 

  • 社内メールが確認できない!
    脅威メールを社内展開されてしまった際にチェックができない

 

  • すり抜けたメールを後から検知できない!
    見逃した脅威(すり抜け、時限爆弾式脅威)を後から検知、処理することができない

 


オンプレメールサーバ向けの設計で

クラウドメールサービスの保護には向いていない…

Vade for M365 なら ゲートウェイ方式の課題を解決!
  • API連携によって導入、構築工事が不要!
    MXレコードの変更が不要なので、手間な工事は必要なし
    検証も既存環境を変更することなく、実施が可能

 

  • 社内メールも確実に検知!
    社外からのメールだけでなく、社内メールもチェック、処理を実行

 

  • すり抜けたメールをさかのぼって検知!
    見逃した脅威(すり抜け、時限爆弾式脅威)を後から自動でチェック

 

API連携でMicrosoft 365と一体化した多層防御を実現!

Vade for M365の製品特徴

Microsoftに重要なフィルタ機能を提供します

全フィッシング数のうち、EOPをすり抜けてしまう割合は約63%。

Vade for M365は、EOPだけでは検出できないフィッシングをカバーします。

AIと人の連携により標的型攻撃を阻止する

 

あらゆる脅威に対して全方位の保護を確立

 

国内での導入実績多数


 

 

 

予測的メール防衛のグローバルリーダーとして全世界で圧倒的な導入実績を誇ります。
国内では大手3キャリアのフィルタリングサービスにも採用されています。

Vade for M365 の導入ステップはすべて簡単

・無償トライアルの即提供

・PoCレポートのご提供

・比較レポートにより追加検知率の簡単把握

・お試しから契約へ簡単切り替え

・Mailbox単位での価格設定

・選べるライセンスご購入方法(月額または年額)

・SaaSとしてご提供

・Microsoftの標準APIを利用

・10分以内に導入可能

・数クリックで設定完了

・Exachange Onlineとシームレスに接続

・Outlookをそのまま利用するだけ

・気になるメールは「迷惑メール」ボタンを押すだけ

Vade for M365の資料請求・お問い合わせ

 

資料請求やお見積もり、製品に関するお問い合わせはお気軽にご連絡ください。