2018年9月11日|製造業さま向け 働き方改革を実現するソリューションご紹介事例セミナー【広島】

ものづくり現場では、技能伝承、工場設備や人の可視化、バーチャルファクトリーによる効率化など、新たな価値を創出するためIoTやICT、AI、ビーコン、工場シミュレーターなどの活用が始まっております。

本セミナーでは、“働き方改革”の実践にあたり業務改革に取り組んでおられる事例講演をはじめ、製番管理でのシステム紹介やIoT最前線の情報を幅広くご提供させていただきます。皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。 

開催概要

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社経営システム研究所、日本システムウエア株式会社

開催日時 2018年9月11日(火)13:30~17:00(受付 13:00~)
会場 

ホテル メルパルク広島 5階 桃の間

〒730-0011 広島市中区基町6-36
※公共交通機関からのアクセス
 紙屋町西電停より徒歩1分

>> 会場MAPはこちら 

対象  製造・生産技術部門のお客さま、工場IoT化検討部門のお客さま
定員  30名 ※先着順となります。
参加費  無料 
アジェンダ 

基調講演 13:30~14:30

IoT業務改革型生産管理システム再構築で生産性2倍!

残業規制と労働人口減少時代を自力で克服

厳しくなる一方の残業規制、上昇を始めた非正規社員賃金、労働人口の急減、新卒売り手市場が今後も見込まれます。
より少ない人数で活動できる設計~生産体制をつくり、その結果をシステム再構築に反映させて、驚異的な成果を得る事例が出始めております。このような企業の取り組みと着眼点について、お話しいたします。

講師:株式会社経営システム研究所

第一部 14:30~15:40

ICTを活用した製番管理・個別受注型 生産管理システム 

設計BOMと製造BOMの連携・取引先とのデータ共有(図面や注文書等をペーパーレス化)

営業、設計、調達、製造、保守までのデータを一元化し、設計変更時にどのように後工程に知らせるのか、手配進捗や原価進捗をリアルタイム共有する方法をご紹介いたします。取引先に外注発注する際に、図面、注文書、現品票等を電子化し、インターネットで配信することで印刷や伝達の手間とコストを削減した事例をご紹介します。

講師:大興電子通信株式会社

第二部 15:40~16:30

多能工化・人材不足の時代に、能力によらないセル生産支援システム「Digicell」

セル生産方式の課題

「セル生産方式(屋台生産方式)」は、作業者によって生産数量に差が生じたり、作業への慣れが逆に品質の低下を招いたりするなど、人的オペレーションだけでは効率性と品質の確保が困難であるという課題もあります。本セッションでは、セル生産方式の高度化を実現する「デジタル屋台」の事例を通した課題解決の糸口について、お話します。

講師:日本システムウエア株式会社

第三部 16:30~16:45  

会社にあらゆるところに眠る情報財産の有効活用 高速ビックデータ検索サービス「UnionSearch」

経験と能力によらない、知的財産のナレッジを活用ができる分散した情報の見える化

クラウドサービス、社内のデータベース、設備データなどを有効的に活用することは、業務の効率化だけでなく、技術伝承を進めるきっかけとなります。広範囲に広がるデータの横断的検索と、あらゆるデータ形式をデータ量に依存せずに高速な検索を実現したビッグデータ検索サービスにより、個人に依存しない情報の活用をご提案します。

講師:日本システムウエア株式会社

お申し込み締切 2017年9月10日(月)17:00
お問い合わせ窓口 

大興電子通信株式会社 中国支店 セミナー事務局 担当:武清

〒730-0013 広島市中区八丁堀15-8 三菱UFJ信託銀行広島ビル 
TEL:082-535-8700 FAX:080-535-8701 

 

お申込みフォームはこちら