調達の支援|調達のQCDの向上

確実な製品出荷と利益確保のために、調達QCDを向上させます。

 

詳しい内容は記事コンテンツにて公開しております。

 

膨大な入力業務や発注業務を効率化する(Delivery)

調達業務では、「膨大な量の手配登録や、帳票発行などの業務が多く負荷が高い」といった問題があります。

二重入力の防止や登録の自動化を行い効率化することで、システムの投資効果が非常に大きくなります。

解決できること

  • 設計部品表を元に手配データを作成できるため、転記ミスや登録工数を低減できる
  • 注文書などの帳票を作成・出力でき、かつ、注文書送付業務を電子化することで、工数や印刷代、郵送費などの間接費を削減できる
  • 受入作業など、ハンディターミナルで読み込みをすることで、データ入力時間の短縮ができる
  • 手配状況をいつでも確認できるため、発注漏れに即座に対応でき、計画的に作業ができる
  • RPAを活用し定型業務を自動処理することで、単純作業からの拘束時間から解放できる

製造現場に安定した部品供給ができる(Delivery)

「調達の遅延により、製造遅延が発生してしまった」といったお悩みはございませんか?

在庫品は適正在庫を維持し、在庫切れを起こさないようリードタイムを意識した手配をするなどの対応が必要です。

解決できること

  • 部品の引当や在庫補充時に在庫情報確認することで、現在の在庫量と、未来の在庫量を確認でき、適正在庫の維持につながる
  • 購買担当が部品手配時に、購買履歴で確認することで、過去に調達リードタイムが長かったものを先行手配できる

納期や仕入れ価格を分析し、仕入先を選定する(Quality)

「仕入先の選定に時間を割けず、いつも同じ仕入先から仕入れている」といったお悩みはございませんか?

これまでの購買実績から適切な仕入先を分析して、選定することが可能です。

解決できること

  • 仕入先の回答納期と実際の納品日を元に、仕入先の納期遵守率などを集計することが可能
  • 仕入した部品への追加工の実績を元に、仕入先の加工品質を集計することが可能
  • 発注履歴と受入合格数を元に、仕入先の誤納品率を集計することが可能

調達原価を低減させる(Cost)

材料費の低減がなかなか進まないといったお悩みはございませんか?

材料費を低減するには最適な仕入方法の選定や、仕入先への価格交渉が必要になります。

解決できること

  • 購入数量によって変動する単価を管理することで、効率よく「まとめ発注」に対応できる
  • 過去の購買実績集計することで、それを元に仕入先に価格交渉ができる
  • 在庫管理を行うことで適切な数量で発注が可能となり、不要不急の在庫を減らすことができる