生産計画と管理|工場の生産性UP

より良い製品を世界に送り出すために、工場の生産性向上を支援します。

 

製造に関わる情報を記録し活用する

ベテラン社員の職人技に頼っているため、「製造時に個人のノウハウに依存してしまい情報が残っていない」といった問題があります。

部品表管理はもちろんのこと、それらに関わる情報を一括管理する必要があります。

解決できること

  • 製造時に使用した情報をまとめて管理することで、次回製造時に書類の確認や流用ができる
  • 過去の製造時の注意点や仕損じを共有することで、注意してものづくりができるようになる
  • 製造に関わる情報のトレーサビリティができ、生産した製品の影響度を調査することができる

設計変更に柔軟に対応する

個別受注生産ではその性質上、設計変更が発生してしまいます。さらにこの設計変更情報が製造現場に伝わりにくい」といった問題があります。

設計変更情報がリアルタイムに共有されることが必要です。

解決できること

  • 設計変更の情報が調達部門や製造部門に共有されることで、手配ミスを防ぐことができる
  • 設計変更履歴を残すことで、なぜ設計変更が発生したのか分析することができる

日程を見える化し、製造遅延を防止する

「飛び込みの作業が発生する」「納期変更が起きる」「部品の調達状況がわからない」など、日程管理の問題があります。

生産管理システムやスケジューラを活用することで、進捗状況が可視化でき、製造遅延を防ぐことが可能です。

解決できること

  • 遅延している作業が確認でき、遅延している理由や影響範囲を確認できる
  • 飛び込み作業が影響を及ぼす範囲を把握でき、影響範囲がなるべく少ない工程変更をすることができる
  • リードタイムの長い部品は先行手配するなど、遅延を防ぐことができる
  • 工場の作業進捗状況を営業も把握することで、無謀な製造日程を立てないようにする

ベテランの技術を次世代に継承する

少子高齢化が進み若手の確保が難しくなっていることや、ベテランの方の退職が進んでいることで、現場の技術力の低下が悩まれております。

ベテラン技術者の技術をデータに残し、次世代に継承することが必要です。

解決できること

  • ベテランの定年退職後の技術力低下防止に対応できる
  • ベテランのノウハウを若手にトランスすることで、会社の技術力を維持できる
  • 若手がベテランの技術を継承し、その技術を土台に新たな技術習得にチャレンジができる