サービスとIoT|保守による製品価値の付加

製品の価値を向上し、顧客満足度を向上させる。

 

 

適切な保守により、製品の長期稼働を実現する

製品の故障はやむを得ないものですが、度重なる故障は製品価値・顧客満足度を下落させるなどの問題があります。

定期メンテナンスや、保守部品の適切な交換を行うことで製品の長期稼働につながります。

解決できること

  • 部品の交換時期に気付くことができ、あらかじめお客さまへ連絡や、必要部品の手配などの対応準備ができる
  • 保守作業や部品交換の履歴を記録し、保守履歴を含む最新の部品表を管理できる
  • メンテナンスマニュアルなど関連文章を保存でき、関連文章を参考に最適なメンテナンスができる

確実な保守対応により利益を上げる

「本来行うはずだった保守対応が漏れてしまっている」「保守対応に適切な対価を請求できていない」といったお悩みはございませんか?

保守による利益や顧客満足度を向上するため、営業が能動的に保守提案をできるようにする仕組みが必要です。

解決できること

  • 部品の交換サイクルを登録することで、部品の交換時期が近付いたタイミングで気付くことができる
  • 今後必要になる部品表を把握できるため、事前に保守部品を手配ができる
  • 保守対応の予定を把握でき、メンテナンス担当の日程調整ができる
  • 竣工後の原価を管理でき、製品ごとの最終収益を分析できる

保守履歴をベースとして製品改善を行う

「製品稼働後の問題点を元に、製品改善を行いたい」といったご要望はございませんか?

保守履歴を管理することで、故障しやすいパーツなどの改善点を発見し、次期製品へ反映することが可能です。

解決できること

  • 故障履歴やクレームの分析を行い設計に共有することで、次回設計時に問題点の対処ができる
  • 交換回数が多い部品を把握し、その部品を交換しやすい構成を考慮し設計することで、メンテナンス性の高い製品にする