EdiGate/POST|クラウド型WEB-EDIサービス

EdiGate/POSTは、仕入先との EDI(電子化)を低コスト・短納期で実現できるクラウド型の「WEBーEDI」サービスです。社内システムと連携することで、仕入先との注文書発行業務のコスト削減や納期確認作業を軽減。リードタイムの短縮も実現します。操作方法はシンプル。インターネットに接続するだけでEDIが利用できるので、仕入先にも負担がかかりません。

3つの特長

EDIの標準的な帳票機能(見積依頼書、注文書、納品書、検収一覧表)を搭載し、それらの帳票を電子化(PDF化など)して配布できるEdiGate/POST。以下のような特長があります。

特長1

 帳票データの自動配信

現在、自社でご利用中の社内システムと連携。EdiGate/POSTが帳票データを電子化し、仕入先へと自動配信します。

特長2

 セキュアにデータ交換

ExcelやWordで作成した見積書や容量の大きい図面など、さまざまな形式の帳票データを仕入先と送受信できます。さらに、SSL通信による暗号化をはじめ、IDおよびパスワード、ウイルスチェックをかけたセキュアなデータ交換が可能です。そのため情報漏えい対策になるほか、メールのセキュリティ対策としても活用できます。

特長3

簡単操作。仕入先にもメリット

操作はシンプルです。自社、仕入先双方がインターネットに接続しているだけで簡単に利用できるため、仕入先にも負担をかけさせません。さらに、仕入先の自社システムやExcelなどの帳票データを2次活用できるので、帳票業務も軽減できます。

3つの導入効果

ITトレンドユーザに最も支持されたIT製品を選ぶ「電子帳票システムランキング」https://it-trend.jp/electronic_report_system(ITトレンド発表)で総合1位を獲得したEdiGate/POST。導入することで大きなメリットを得られます。

効果1

  購買コストを大幅に削減!

EdiGate/POSTによりペーパレス化を実現できるため、紙ベースの帳票業務と比較して、用紙・印刷・郵送などの費用や、仕分け・発送などの人件費を大幅に削減。また、帳票の作成から郵送までの時間を一気に短縮できます。

効果2

 リードタイムを短縮!

Web画面上で納期の回答・照会(仕入先:納期回答、発注企業:回答照会)ができるため、リードタイムを短縮できます。

効果3

 トレーサビリティをいつでも確認!

仕入先の送受信確認や利用者の操作履歴(ログ)が残るので、「いつ・だれが・なにを・どうしたか」といったトレーサビリティ(履歴)の確認がいつでもできます。そのために、「送った」「受け取っていない」といったトラブルをなくすことができます。

コスト削減効果(一例を挙げると…)

帳票配付業務を従来のFAXシステムからEdiGate/POSTに変えることで、大幅なコスト削減効果を見込めます。約400社の取引先を持つ電子部品メーカーのA社では、EdiGate/POSTの導入により年間約564万円のコスト削減効果を得られました。

導入効果 ■FAXシステムリプレースに伴い、帳票業務をWeb化してコストを削減
■社内システムの変更が少ないためにWeb-EDIの早期立ち上げを実現
コスト削減企業の概要 業種:電子部品メーカー
取引先数:約400社
EdiGate/POST導入前 注文書×FAX200枚/月(月間4000枚!)
請求書×郵送400枚/月
EdiGate/POST導入後の削減効果 ●回線費用 約12万4,000円
月額基本料4,000円+FAX1枚平均30円/60秒×4,000枚/月
●郵送業務(TEL/FAX送付業務含む)の人件費 約14万8,000円
2名×8時間/日×22日/月× 15%(工数割合)×@3,500/時×80%(削減率)
●印刷費用 約1万2,000円
1回印刷あたり6円(A4普通紙代1円+プリンタトナー代5円)×400社×5枚
●郵送費用 約5万4,000円
郵送代1通あたり120円+封筒1枚あたり15円×400社/月
●帳票発行業務(仕分け、封入、郵送準備など)の人件費 約13万4,000円
3名×8時間/日×2日/月×@3,500/時 ×80%(削減率)

削減効果は月額約47万円⇒年額に換算すると約564万円の削減効果!

 

サービス概要

従来のEDIのように専用のシステムをインストールする必要がなく、インターネットを利用するので、スピーディな導入が可能です。また、クラウド型のサービスのため、サーバ搬入・設置やソフトの新規インストールなど、面倒な環境構築は一切不要。インターネットに接続さえしていれば、仕入先への帳票送受信がすぐにできるようになります。

機能一覧

EDIの標準的な帳票機能を搭載するほか、インターネット環境がない仕入先にも対応する「FAX自動送信(インターネットFAX)」、「多言語対応」、「データ変換(CSV⇔Excel)」といったオプション機能も用意しています。

機能 内容
帳票作成 帳票データから帳票(PDF形式)を自動作成します。
(社印イメージ、バーコード、QRコード対応)
配付方法の選択 仕入先ごとにPDF/ データ/ 印刷/ FAX(オプション)といった配付方法が設定できます。
配付状況の確認 仕入先や送信データごとに受信状況が確認できます。
納期回答照会 仕入先からの納期回答が照会できます。
グループ機能 発注企業と仕入先間の送受信範囲(グループ)が設定できます。
マスタ管理 ●自社ユーザ管理(管理者・ユーザ)
※発注企業管理者・ユーザの利用権限が設定できます。
●仕入先ユーザ管理
※帳票の配付方法が設定できます。
掲示板(INFORMATION) 仕入先向けに、メンテナンス日時や営業時間変更などのお知らせを掲載することができます。
操作履歴(HISTORY) 管理者が各IDごとの操作履歴確認できます。
お知らせ通知メール 仕入先からデータが送信されると「お知らせメール」が送信されます。
データアップロード/ダウンロード ●図面データやExcelデータなど、仕入先・社内間で大容量データの送受信ができます。
●送受信データを自動アップロード/ダウンロードができ、発注企業の社内システムとの連携をサポートします。
●マスタに登録されていない仕入先に対して、一時的にデータを送信することができます。
●オプション機能
FAX自動送信 インターネットFAX
多言語対応 日本語、英語
データ変換(CSV⇔Excel) 社内システムから出力される帳票データ(CSV)をEdiGate/POSTでExcelに変換し、仕入先に配信します。

パートナーサイト

取引先へのFAX送信(InternetFax)連携

取引先へのFAX送信(まいとーくFAX)連携

グローバルナンバーワン保守サービスシステム