原価を管理|原価精度と利益の向上

景気に左右されない強いメーカーになるために、原価の精度を上げて適切な利益を確保できるようにします。

仕掛原価と予測原価を監視する

原価がどんぶり勘定では、「原価をどう削減してよいのかわからない」、「生産し終わってからでないと原価がわからない」といった問題があります。

リアルタイムかつ原価要素での予実管理や、原価を意識する風土を築き上げる必要があります。

解決できること

  • いつでもリアルタイムな原価を確認できる
  • 製品ごと、原価要素ごと、製品構成ごとなど、原価の内訳を確認できる
  • これから発生するであろう、予測の原価も把握することができる
  • 予定通りの原価で製造できているか確認できる

見積原価の精度を向上させる

「見積時の原価と実際に製造した後の原価がかけ離れ、結局は赤字になってしまう」という問題があります。

これらを回避するために、ブレのない見積作成が必要になります。

解決できること

  • 過去の実績から発生した原価を確認する
  • 工程の実績原価も参考に、見積時の原価に反映できる
  • 適切な利益を乗せて販売できる
  • 製造後に見積原価と実際原価を改めて比較し、次の見積原価の積み上げに利用する
  • 部品表やユニットの製造実績を元にして、設計時段階から原価のシミュレーションが可能になる

会社の原価を分析し利益向上を行う

「原価管理はできているが、原価分析ができていないため、原価や利益が適切なのか判断できない」といったお悩みはございませんか?

個人持ちになり散財しているデータをひとつの場所にまとめることで、原価を様々な観点で分析することができます。

解決できること

  • セグメント単位ごとに予算実績管理ができる
  • 製品種別ごとの利益率を比較ができる
  • 売上区分ごとに利益率を分析ができる
  • 利益向上のための対策検討ができる