店舗・自社EC 会員連携サービス

店舗と自社ECの会員情報の相互連携システムをサービス化!

 

個別管理になりがちな「店舗」と「自社EC」の会員情報管理・・・

相互連携を実現する事でお客様へスムーズなサービスの提供をお手伝いします。

さらにスマホアプリの活用によって更なる顧客接点を創出します。

バラバラに保管されていたデータを統合管理

実現1

  • 店舗POSやEC決済システムからの会員情報の一元リアルタイム管理

実現2

  • スマホアプリの活用で利便性を高め顧客接点と購買機会の創出

実現3

  • 各会員ごとに切り分けた個別プロモーション戦略と効果測定

 

このような課題を感じたことはございませんか?

 

  • 店舗顧客と自社EC顧客の会員情報が連携できていない
  • 貯めていただいたポイントが店舗、自社EC別々にしか使えない
  • 店舗側から効果的なプロモーションを打ちたいけれど、手法や管理方法がわからない

「店舗・自社EC会員連携サービス」

で解決できます!

 

大興電子通信にてトータルコーディネート致します

 

総合型でのご提案

 

 

活用イメージ


「会員ランクに合わせた」情報をリアルタイムにお届けすることも可能

 

 

目指すべきVisionは店舗と顧客双方へ価値の提供

店舗

  • 商品やサービスに対する顧客の生の反応を見ることができる
  • 顧客は販売スタッフの接客を受け、実際に商品を見て、触れて、着ることができる

自社EC

  • 商圏の拡大ができ、固定費の圧縮で利益率が大幅に改善する
  • 顧客はいつでも、どこでも好きな時に買い物ができる

分析

  • シチュエ―ションに応じたマーケティング活動を実施できる
  • 顧客は統一された情報によりセグメント分けしたプロモーションを受けることができる
つまり...

  • 店舗と自社EC双方の特性をさらに強化!
  • 統合されたデータを用いて各部署で有効なPR活用に!

導入事例

事例先 雑貨・小売業(50店舗/自社ECサイト運営/50万会員)
導入目的
  1. 自社EC会員と店舗会員の統合
  2. 会員分析・効果的なプロモーション
  3. 会員カード作成コスト削減
導入効果 店舗会員と自社EC会員を統合することでLTV/顧客生涯価値を向上、戦略的なプロモーションを実現させ収益UPに繋がった