i-Compass|WEB給与明細

i-CompassWEB給与明細は配布されている給与明細を携帯電話やパソコンから観覧できるソリューションです。

7つの特長

i-Compass WEB給与明細には、以下のような7つの特長があります。

特長①

リアルタイムで支給額を確認

月々の支給額だけでなくパート社員やアルバイト社員の関心が高い「蓄積支給額」の表示ができるため、扶養控除対象の確認ができます。

特長②

スマートフォン/携帯電話の機種を選ばない

マルチキャリア対応(iPhone/iPadやAndroidのスマートフォン/タブレット、パソコン、携帯電話など)により、デバイスの種類を選びません。

特長③

 データをそのまま移行可能

自社で利用している給与システムデータの形式をそのまま流用できます。

特長④

セキュアなサーバー管理

ISMSを取得した当社グループ企業のクラウドセンターでシステム運用・管理をしているため、情報の保管・管理などが安心です。

特長⑤

柔軟なカスタマイズが可能

専用帳票の作成ができるなど、柔軟なカスタマイズが可能です。

特長⑥

連絡用途にも活用可能

社内の情報などを掲載できるため、従業員間の連絡用途にも活用できます。

特長⑦

自由な配信を実現

個人宛てと、全体宛てとで使い分け配信が可能。個人ごとの評価メールなども送信可能です。

i-Compass WEB給与明細の利用イメージ

従来、明細書として紙で社員に配布されていた給与明細を、各社員が所有するiPhone/iPadやAndroidスマートフォン/タブレット、パソコン、携帯電話など、さまざまなデバイスから閲覧できます。

i-Compass WEB給与明細の年間コスト削減例

紙による給与明細書配布からi-Compass WEB給与明細へと変更することで、年間で52万円以上(一例)のコスト削減を見込めます。

紙の給与明細書配布の場合

・給与明細書用紙代 30 円 × 1000 名 × 支給 14 回 = 42万円

・給与明細書配送コスト(1支店営業あたり) 400 円 × 30 箇所 × 支給 14 回 = 16万8000円

・給与明細書印刷、配布などの労務コスト 時間単価 3,000 円 × 7 時間(1日) × 支給 14 回 = 29万4000円

i-Compass WEB給与明細の場合

・サービス利用費用 30 円(一人あたりの月額) × 1000 名 × 12 回 = 36万円

直接経費の単純比較でも ⇒ 年間52万2000円 のコスト削減効果!

※導入効果は目安であり、同一の効果を保証するものではありません。

i-Compass WEB給与明細オプション

i-Compass WEB給与明細には、「災害時安否確認」「e-ラーニング」「年末調整」というオプションがあります。i-Compass WEB給与明細と併せてご活用いただくことで、利便性がより高まります。

災害時安否確認

地震など緊急時に従業員の安否確認、災害情報の配信、災害への対処に関する情報の配信を行います。災害時には、メールが輻輳し遅延する可能性が高くなりますが、WEBへのアクセスは比較的安定しています。そこで、普段お使いのi-Compass WEB給与明細に災害安否確認を付けておけば、災害時でも各社員の安否確認がスムーズに取れるようになります。

e-ラーニング

各社員向け教育の受講促進から確認テストの収集までを行うことができるオプションです。教材については、PDF、パワーポイント、動画配信など、多彩なコンテンツの中から選択して配信が可能です。パソコンからだけでなくスマートフォンからの手軽な受講も可能なため、パート社員やアルバイト社員の不祥事を未然に防ぐためのe-ラーニングの開講には最適です。

年末調整

年末調整申告書の入力から回収・訂正依頼をクラウド化。給与システムへの連携も可能なオプションです。年末調整申告書を手書きからWEB化することで、経理・総務担当者の負荷を削減し、業務時間を大幅に短縮できます。また、自動計算によりミスを軽減できるほか、スマートフォンなどから“いつどこから”でも入力ができるという社員側のメリットもあります。