生産管理

製造原価の改善に必要な標準原価・見積原価の計算方法【具体例】

製造業などで利益を生み出すためには、製品を製造する際にかかった原価をきちんと計算して把握する必要があります。製造原価にもいくつかの種類があり、今回取り上げるのは、標準原価と見積原価の概要や計算方法です。

計算方法の解説では、具体的な例をもって計算フローをご紹介します。原価計算に課題を感じている場合はぜひご覧ください。

標準原価、見積原価、実際原価について

製造原価とは、製品を製造する際にかかった費用を合計したものを指しますが、計算方法や計算のタイミングによりいくつかの種類に分かれます。

原価を大きく2つに分類すると、「予定原価」と「実際原価」に分けられます。予定原価はこれから製造する製品に対し、あらかじめ原価を計算しておくものです。これに対し実際原価は、製造後に実際にどれだけの費用がかかったのかを計算します。

予定原価を計算する目的は、これから製造する製品に対し、何を準備すればいいのかを計画したり、予定原価を目標値として実際原価との差異を求めて改善に活かしたりという点にあります。実際原価を計算する目的は、現状の製造能力を把握し、やはり改善に活かすという点です。

予定原価はさらに、標準原価と見積原価に分けられます。

標準原価は、その製品を製造する際の理想的な原価を指します。材料の無駄がなく、工場が効率よく稼働し、歩留まりも許容範囲に収まった場合の理想の原価を出しておけば、実際原価を計算したときに差異を算出できるので、どこを改善すれば理想に近づけるか分析することが可能です。

見積原価は、その製品を製造する際に何がどれくらい必要になるかの予想の数値を出したものです。例えば、新製品を製造する際は必要な材料や労働力が分からないものですが、予想でも数値を出しておかなければ材料の発注や設備投資などが間に合いません。

できるだけ効率よく製造に取り掛かれるよう、類似品の実際原価や担当者の経験などにもとづき、見積原価を算出します。

標準原価、見積原価の計算方法【具体例】

ここでは、具体例を見ながら標準原価、見積原価の計算方法についてご紹介します。

標準原価を計算する際は、まず製品1単位にかかる費用を記した「標準原価カード」を作成します。標準原価カードを作成しておけば、完成品の個数を乗じることで標準原価を算出することが可能です。

標準原価カードは、製品の製造に必要な材料である標準直接材料費、従業員の賃金などを示す標準直接労務費、その製品には直接関係しない標準製造間接費で構成されます。例えば、以下のようなカードが作成できます。

標準直接材料費:300円×300g=900円
標準直接労務費:1,000円×0.5時間=500円
標準製造間接費:800円×0.5時間=400円
1製品あたり:1,800円

標準直接材料費の「300円」は、材料100gあたりの単価を示しています。この製品では300g必要なため、900円が1製品あたりの単価となります。

標準直接労務費と標準製造間接費の「0.5時間」は、1製品の製造にかかる時間を示しています。1時間あたりの単価がそれぞれ1,000円、800円なので、1製品あたりの単価は半額で算出されます。

この標準原価カードを用いて、標準原価を計算します。

標準原価は、完成品の標準原価と月末仕掛品の標準原価に分けて計算します。完成品の計算はシンプルですが、月末仕掛品は少々複雑です。

例えば、月末の完成品が100個、月末仕掛品が40個、仕掛品の進捗率が50%の状況を想定します。
この場合、完成品の標準原価は、100個×1,800円=180,000円となります。

月末仕掛品は、標準直接材料費と残り2つに分けて計算します。

標準直接材料費は、月末仕掛品の40個をそのまま計算式に入れます。これは、1個の製造を開始する段階で費用が全て投入されると想定するためです。仕掛品の進捗率が10%で作り始めたばかりでも、90%でもうすぐ完成でも、標準直接材料費は変動しません。
そのため、40個×900円=36,000円となります。

残り2つは、進捗率に応じて計算します。例えば直接労務費だと、進捗率10%の仕掛品の場合はほとんど時間を使っていませんが、90%の仕掛品の場合は完成品と近い時間を使っているため、進捗率に応じた費用を出す必要があるのです。

今回は進捗率が50%なので、仕掛品の個数を20個だと想定します。この場合、標準直接労務費と標準製造間接費はそれぞれ、
500円×20個=10,000円、400円×20個=8,000円となります。

標準直接材料費の金額と合わせると、
36,000円+10,000円+8,000円=54,000円
が、月末仕掛品の標準原価となります。

完成品の標準原価と合わせると、180,000円+54,000円=234,000円
この金額が標準原価です。

なお、標準原価の計算では、これまでの実績から標準原価カードや完成品、月末仕掛品の数の現実的な理想値を算出できますが、見積原価の計算では、正確な数値を出すための材料がほとんどありません。

見積原価を計算する際は、基本的な流れは標準原価と同じですが、カードや個数の部分は経験に基づく予測値を入れて計算することになります。

原価の計算方法を知って改善につなげよう

この記事では、標準原価や見積原価の概要と、具体的な計算方法についてご紹介しました。標準原価をしっかり算出しておけば、実際原価を算出したときに差異を計算することができ、どこに無駄なコストがかかっているのかを分析することが可能です。

なお、標準原価や見積原価、そして実際原価の計算には複雑な部分が多いため、ITツールを導入して素早く正確な計算を実現するという方法がおすすめです

興味のある方は、下記リンクから大興電子通信の生産管理システム「rBOM」についての資料をダウンロードしてみてください。

利益の確保につながる!ハイブリッド型 販売・生産管理システム
rBOM製品ページ:https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/production-control-rbom/

関連記事

  1. 生産管理

    高利益率を目指す!多品種少量生産における3つの注意点と対策

    多品種少量生産では、消費者のニーズに応えて臨機応変に生産品目を変更…

  2. 生産管理

    多品種少量生産のメリットとは?ニーズに応え生産性を高める方法

    売上を伸ばすためには、消費者のニーズをくみ取り、製品の開発・改善に…

  3. 生産管理

    低収益を脱する!製造業の収益改善を実現する4つのステップ

    製造業は、収益の低い業界だと言われています。営業利益が黒字だとして…

  4. 生産管理

    基幹システムって何?特徴やメリット、ERPとの違いなどを徹底解説

    企業の基幹となる業務をシステム化し、効率化やミスの削減などを目指し…

  5. 生産管理

    製造業を加速するPDM!基本からメリット、導入ポイントまで徹底解説

    製造業の業務フローを効率化し、生産性を高めるために役に立つのがPD…

  6. 生産管理

    部品表(BOM)の基礎知識|部品表の種類と違い、効率化の方法

    ここでは部品表(BOM)の主な役割や種類別の特徴、そしてより効率的…

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。