生産管理

製造原価とは?製造原価の基礎知識とコストの考え方

原価は利益に深く関わりますが、製造工場を運営する企業においては、製品に関連する「製造原価」の管理が重要視されています。最初に製造原価という言葉の意味と内容を正確に把握しなければ、製造工場でコストの管理をすることはできません。

ここでは、製造原価の考え方と原価の内訳、直接的に製品に関わる製造直接費と、間接的に製品に関わる製造間接費に関する情報など、製造原価に関する基礎知識をご紹介します。

製造原価とは

製造原価とは、その製品を製造する際に必要となった費用を全て合算したものです。

製造業において利益を伸ばすためには、主に売価を上げる方法と製造原価を下げる方法があり、後者の方法では製造原価を正確に把握する必要があります。製造原価を正確に算出することで、製造工程のどこに課題があるのかを把握し、改善につなげることが可能です。また、適切な売価を設定するという意味でも製造原価の把握は重要です。

製造原価には、製品を作るための材料費の他にも、人件費や設備費用も全て含めた費用が含まれます。そのため、製造原価を算出するには、細部にわたる費用の計算と確認をする必要があります。

製造原価の分類

製造原価は、「材料費」・「労務費」・「経費」という3つの項目に分類されます。これらの項目に分けて計算することで、製造原価を下げるためにはどこに注力して改善すべきかが分かります。

材料費は、その製品を作る際に必要となる木材や金属、ネジ、潤滑油などを指します。

労務費は、その製品の製造に関わる従業員へ支払う賃金などを指します。賞与や福利厚生にかかる費用なども労務費に含まれます。

経費は、材料費や労務費に分類されない原価がまとめて含まれます。例えば、工場や倉庫の賃貸料、設備の減価償却費、棚卸減耗費、電気代などが経費に該当します。

製造原価の別の分類方法として、製品に直接関わる費用と間接的に関わる費用を分ける方法があります。それぞれ「製造直接費」「製造間接費」と呼び、材料費・労務費・経費の分類と掛け合わせて6種類に分けられます。

製造直接費

製造直接費とは、その名の通り直接製品に関わっているコストを指し、製品を製造すればするほど発生する費用です。

直接材料費

製造工場で作られる製品に対して、直接使われる材料費用のことです。具体的には、家具を製造する場合に使用する木材やプラスチック、自転車を製造する場合に使用するアルミやスチールなどが主要な材料費となります。

材料をつなぎとめる金具やネジ、外部から購入する買入部品費なども直接材料費に該当します。加工方法によっては材料が多く余ってしまったり、製造フローによっては歩留まりが多く発生したりすることがあるため、そのような場合には直接材料費の削減が製造原価の改善につながります。

直接労務費

製造工場において、製品の加工・組立など直接的な実務作業を行う従業者に支払われる給与のことです。

製造フローの効率が十分でないと、稼働しているはずなのに手が空いてしまったり残業が発生してしまったりなど、部門や作業場所によって負荷にバラつきが生まれて直接労務費が増大します。

直接経費

直接製品に関わった費用のことです。外注加工費や製品を作る上での金型などが直接経費にあたります。社内の製造フローに非効率な部分があれば、外注を利用することで全体的な製造原価を下げられる可能性があります。

製造間接費

製造間接費とは、工場で生産されている製品と直接結びつかない費用のことで、製造直接費用とは違い把握しにくい部分があります。そのため、製造直接費と比較すると、可視化しづらく原価計算が複雑になる特性があります。

間接材料費

どの製品に、どれだけ使ったか分からない材料のことを指し、具体的には潤滑油や塗料など明確な個数で表せられない材料などが該当します。また、間接材料費は3つに分類することができ、機材を動かすために使用する燃料や複数の製品に使用される塗料、包装材などが補助材料費、潤滑油などが工場消耗品、1年以内に取り替える工具や器具が消耗工具備品費に分類されます。

なお、どの材料が直接材料費に含まれてどの材料が間接材料費に含まれるかは明確に定められてはおらず、製品の仕様や企業の方針によって変わります。例えば、製品をパッキングするビニール袋は、他の製品にも使用されることを考慮すると間接材料費ですが、パッキングまで含めてひとつの製品とするなら直接材料費として考えることができます。

間接労務費

製造工業において、加工・組立作業などの実務をする従業者以外に、生産管理・生産技術など製品に直接関わっていない従業者に発生する給与が該当します。工場で製品を製造している時に、材料が無くなり作業が一時停止している時間も、作業員には給与が発生します。

また、待機時間に発生する給与も間接労務費に含まれるため、作業内容によって費用が分類されることもあります。

間接経費

製品を作る時に使用される電力や工場設備の減価償却費や修繕費、製品に直接関わらず、特定の製品との関わりを明確にすることが難しい経費を指します。

間接経費はおおよその割合で計上する配賦計算を行うため、製品ごとにどれくらいかかったか、具体的にどうすれば削減できるかを管理するのが困難だとされています。削減を目指すには、デジタル化を進める、設備投資を行ってランニングコストを削減する、人材育成に力を入れて自主的に改善が行える現場を作るなどの方法があります。

製造原価は細分化して見ていくことが大切

製造原価には、直接製品に関わる製造直接費、間接的に関わる製造間接費があり、いずれも製造現場において発生するものです。人件費や原材料費、設備費用など、さまざまな経費にまたぐこともあることから、原価計算では細分化してみていく必要があります。

特に可視化しづらい製造間接費は、製造現場の稼働状況や経費の流れなどを確認した上で、原価の内訳を把握することが大切です。

個別受注生産、多品種少量生産を行う企業を支援する生産管理システム
rBOM製品ページ:https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/production-control-rbom/

関連記事

  1. 生産管理

    劇的改善も多数!生産管理システムによる3つの改善事例

    製造業において、会社の利益をあげるためには正確で効率的な生産管理が…

  2. 生産管理

    生産性を向上させる工程管理の基礎知識

    多くの製品を効率的に生産するためには、工程管理の見直しが必要です。…

  3. 生産管理

    見えないところで工数を圧迫している間接作業│コスト削減の方法とは

    「間接作業」とは、どのような業務が思い当たるでしょうか?直接作業の…

  4. 生産管理

    製造原価の改善に必要な標準原価・見積原価の計算方法【具体例】

    製造業などで利益を生み出すためには、製品を製造する際にかかった原価…

  5. 生産管理

    製造業における原価管理の基本とシステム化のメリット

    製造業界では、原価管理を行ってコストを最小限に抑え、利益を最大化し…

  6. 生産管理

    製造原価率を改善しよう!業界水準と原価率の課題・改善策をご紹介

    増益を目指すには、商品の売上を伸ばすことと原価を削減することの2つ…

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。