生産管理

部品表(BOM)の基礎知識|部品表の種類と違い、効率化の方法

部品表 BOM

ここでは部品表(BOM)の主な役割や種類別の特徴、そしてより効率的に管理ができるBOMシステムのメリットについて紹介します。

部品表(BOM)とは

部品表(BOM)の主な役割と、情報を書き込むときの注意点についてを紹介します。

部品表(BOM)の役割

部品表とは、主に製造業で部品や原料を管理するために使われる表のことです。英語では「bill of material」と呼ばれており、それを略してBOMと呼ばれることもあります。製品に必要な部品の数など、製造に関する情報を示す重要な図表です。部品表は、資材管理・設計・製造など、製造業の様々な場面で活躍しています。

各部署によって必要な情報が違ってくるため、部品表の種類や書き方は違っていることが一般的です。そのため、資材と業務をより効率的に管理するには、部品表の種類や目的の違いを把握した上で見直しをすることが求められます。

部品表で書き込む情報

部品表を書き込むときに注意が必要な点があり、部品表に書き込む部品は在庫管理の対象だけです。そのため、すぐに組み立てられる加工途中の部品などは対象外とされています。また部品を書き込むときは、品名の他に、主に型式・規格番号・メーカー名などの情報を書き込みます。

こちらの注意点として、各部署間で混乱が起きないように、用いられている部品の登録コードは統一することが重要です。同じ部品であっても部署ごとに登録されたコードが異なると、どの部品のことを指しているのか判断できず、確認が必要になります。

そのため、部署間の連絡で時間を取られたり、すでに在庫があることに気づかずに新たな部品を注文したりといった不具合が発生してしまうのです。こうした事態を避けるために、扱うコードは共通のものを使う必要があります。

部品表の種類

部品表は登録方法や用途によって、いくつかの種類に分けられています。それぞれの特徴を紹介します。

部品表の登録方法

部品表の書き方は、主に「サマリー型」と「ストラクチャー型」の2種類に分かれています。

「サマリー型」は部品の個数を示す方法で、主に部品調達で採用されています。

「ストラクチャー型」は工程の順序や構成関係、リードタイムなどの詳しい情報も示す部品表です。細かな工程を確認できるため、設計や製造などの部門で用いられます。

部門ごとの部品表

設計で使われる部品表は、設計部品表あるいは「E-BOM」と呼ばれています。階層構造で部品の詳細な情報を表示する必要があるため、部品ごとの仕様などは部品表の中でも特に細かな情報が必要です。製造で使われる製造部品表である「M-BOM」は、製品の組み立てに必要な部品や順序を中心に記載されています。主に使用されている部品表は、この2種類です。

しかし、企業によってはまた別の部品表が使用されている場合もあります。例えば、営業・販売用では、「S-BOM」とも呼ばれる販売部品表が使用される場合があります。他にもサービス部品表というものもあり、保守・点検などのサービスで使用され、交換や修理の頻度が多い部品を表示していることが特徴です。

部品管理に最適なBOMシステムとは

部品表を効率的に管理するためには、紙ベースではなくシステムベースの管理が有用です。BOMシステムのメリットと、特に効率的な生産管理を可能にする「rBOM」の特徴を紹介します。

BOMシステムのメリット

BOMシステムと紙の部品表との大きな違いは、設計部品表や製造部品表などの異なる部品表を一元管理できることです。書き方が違う部品表でも共通のマスタデータを使用できるため、コードの統一や部品数の在庫などの情報を簡単に共有できます。そのため、部品の不足や超過といった不具合が発生しにくくなり、さらに情報をすり合わせる手間もなくなるため、業務の無駄を軽減することが可能です。

生産管理システム「rBOM」の特徴

大興電子通信株式会社が提供する「rBOM」は、個別受注生産・多品種少量生産に対応した生産管理システムです。仕様変更が多い個別・少量ロットでの生産は、「資材の調達にかかる原価や見積もりの計算がしづらい」「新たな設計図を作成しなければならない」など、業務が煩雑になりやすいという課題があります。

「rBOM」はこれらの課題を解決するために、データの標準化とリアルタイムの共有を実現していることが特徴です。過去の設計情報など属人化しやすいデータを標準化することで、調べなおしたり、新たな図面を引きなおしたりする工程を省略することができます。さらに、各段階の管理が見通せるので、営業・設計・製造・調達が部門間でスムーズに連携できるようになり、デッドストックや納期超過といったリスクの発生を軽減することが可能です。

さらに、リアルタイムな情報共有により、過去の同一製品や類似製品を基に原価情報から正確な見積もりを算出したり生産状況を確認したりすることもできます。これにより、営業の事務作業を軽減し、よりスピーディーな顧客対応の実現が可能となります。

工場力、現場力を引き出す!ハイブリッド型 販売・生産管理システム
rBOM製品ページ:https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/production-control-rbom/

部品表(BOM)の最適化で利益の最大化を実現

部品表を最適化することは、資材の調達・設計・生産、そして販売までの製品管理を最適化することにつながります。部品表の最適化を行い、業務のさらなる効率化と利益の最大化の実現目指しましょう。

関連記事

  1. 生産管理

    劇的改善も多数!生産管理システムによる3つの改善事例

    製造業において、会社の利益をあげるためには正確で効率的な生産管理が…

  2. 生産管理

    【各部門が納得する】生産管理システムの選び方5つのポイント

    製造業の主要業務を支える「生産管理システム」。その導入にあたっ…

  3. 生産管理

    成長につながる生産管理を!具体的な流れや重要なポイントを解説

    製造業において、利益を得るために重要な工程の1つが「生産管理」です…

  4. 生産管理

    製造原価率を改善しよう!業界水準と原価率の課題・改善策をご紹介

    増益を目指すには、商品の売上を伸ばすことと原価を削減することの2つ…

  5. 生産管理

    受注管理システムで成長を加速!導入メリットや選び方を解説

    顧客から注文を受ける段階から、ときには出荷までの広いプロセスを管理…

  6. 生産管理

    なぜ、個別受注生産の技術者育成が困難なのか… 解決の鍵は「標準化」にあり!

    技術継承の重要性が高まる製造業。中でも個別受注生産の企業は、技術継…

注目記事

  1. ">
  2. ">
  3. ">

カテゴリー検索

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。