生産管理

優秀な『生産管理マネージャー』が押さえている、スキル・知識・IT活用とは?

優秀な『生産管理マネージャー』が押さえている、 スキル・知識・IT活用とは?

計画に基づいた製品の製造から出荷までをトータルに管理する「生産管理マネージャー」。製造工程が複雑化する一方、人手不足が続く製造の現場において、そのポジションの重要性は高まり続けています。 そして、その現場において求められる能力も変化を続けています。

本記事では、優秀な『生産管理マネージャー』に求められる条件をご紹介します。

生産管理マネージャーの”ミッション”とは?

まず初めに、生産管理マネージャーのミッションから見ていきましょう。

生産管理マネージャーとは、部門間を横断的に管理し、製品が作られて市場に出るまでの数量や品質をトータルに管理する役割を担います。製品を生産する優先順位を決める他、生産数や納期の調整をしたり、材料の仕入れ時期のやり取りをしたりするなど、社内外の複数社・複数部門とのコミュニケーションを行います。

また、個別受注生産の製造業では、受注の度に製品の仕様が異なり、顧客の要望に応じて設計・部品調達・製造をするので、設計の仕様変更や納期や製造進捗などの情報共有が煩雑になりがちです。顧客からの要求が多く、関係部門が複雑に関与する現場だからこそ、部門間を束ねる一貫管理と各案件の情報(顧客要求、生産進捗、原価進捗)を共有できる生産管理の仕組みが重要となります。

生産管理マネージャーに必要なスキルは?

様々な能力や知識が求められる生産管理マネージャーですが、その現場で求められるスキルを整理すると、次の4つが主なものとなります。

判断力

1つ目は、変わりゆく状況を整理し、適切な意思決定を下す「判断力」です。

生産計画に基づいて生産を進めながらも、そこでは必ず予期せぬ事態が起こり得ます。そして、状況が時々刻々と変わりゆくからこそ、トラブルなどへの対処方法も都度変わっていくものです。そうした現場において、冷静に対処するためにも、高いレベルでの「判断力」が求められるのです。

交渉力

2つ目は、多くの関係者との利害調整が生じる中で、自社にとって最適な条件を引き出す「交渉力」です。

製造の現場において、品質とコスト、納期といった条件を全て実現することは容易ではありません。特に、個別受注生産の現場では顧客の要求が多様化する傾向にあるため、納期とコストについては厳しい要求が生まれがちです。そうした中で、各関係者の利害を調整し、最適解を導く「交渉力」は必要不可欠な能力と言えます。

マネジメント能力

3つ目は、多様な人材の能力を引き出す「マネジメント能力」です。

ここでマネジメントを行う対象となるのは「業務、時間、人材」といった3要素。現場で発生する作業の分配や、時間の適正配分、人材の配置を最適化といった管理が求められます。個別受注生産の現場では、業務の優先順位や重要度が変わりゆくからこそ、これらの最適配分を調整し続けることが必要です。

全プロセスにおける知識が必要

最後にご紹介するのが、全プロセスにおける「幅広い知識」です。状況に応じた判断も、各関係者との交渉も、現場のリソースの最適配分を行うマネジメントも、領域横断的な知識無くして行えるものではありません。受注後に納品までの全プロセスにおいて能力の発揮が求められる「生産管理マネージャー」の仕事では、営業・設計・製造に関わる最適な意思決定が重要視されています。

しかしながら、十分な知識があっても、経験と勘だけでは生産管理マネージャーのミッションが実現できるわけではありません。また、慢性的な労働力不足が発生する製造業の現場では、経験と勘に過度に頼ることなく、各部門のリアルタイムな状況に基づいた生産管理を行うことが求められてきています。

そのように考えたとき、各部門の状況を迅速に把握し、判断・交渉・マネジメントを行うためにも「IT活用」の重要性が増しています。そこで大切なのが、IT活用をベースとした生産管理の推進です。

生産管理の向上・効率化に、IT活用は欠かせない

部門間の課題の多くは、適切な状況把握ができていなかったり、情報連携が十分に行えていなかったりすることから発生します。そうした課題をクリアするために欠かせないのが、生産管理を効率化するシステムです。

大興電子通信が提供する生産管理システム「rBOM」は、営業や設計、資材、製造から経理に至るまで、複数部門のデータを領域横断的に統合する仕組みです。生産管理マネージャーに求められる判断や交渉、マネジメントのベースとなる情報を一元管理する仕組みでもあります。

rBOMは、個別受注生産の現場で複雑化しがちな仕様変更などの情報も、部門の壁を越えた一元管理が可能。様々な重要事項の伝達漏れ・遅れを要因としたQCD低下の問題を解消し、高いレベルの生産管理を実現します。生産管理マネージャーのミッション実現に課題をお持ちの企業さまは、IT活用による生産管理の向上・効率化策として、rBOMの活用をご検討されてみてください。


新たな技術の活用や業務効率化に向けた一手に最適な生産管理システム「rBOM」
リアルタイムな進捗・原価把握を実現する生産管理システム「rBOM」については、下記よりご覧いただけます。

カタログ 製品の詳細


 

関連記事

  1. 生産管理

    「多品種少量生産」でも、リアルタイムな進捗・原価把握を実現した事例解説 ~神津精機株式会社様~

    多様な顧客ニーズに対応するための生産手法である「多品種少量生産」。…

  2. 生産管理

    調達部門必見! 忙しすぎる調達業務を効率化し利益を上げるノウハウとは?

    調達業務は実は多忙であり、効率化する必要があります。調達業務が破綻…

  3. 生産管理

    【個別受注生産の納期遅れをなくす】部門間の「情報共有方法」

    個別受注生産の納期遅れの原因は「情報共有の遅れ」にある納期…

  4. 生産管理

    生産管理システムで一元管理!モノづくりを効率化するためのシステム選び

    生産管理システムは、製造業務における管理の効率化や課題解決をサポー…

  5. 生産管理

    標準原価と見積原価の違いとは?業績管理に役立つ情報を再確認

    標準原価や見積原価は、製造を始める前に行う原価計算です。似通った部…

  6. 生産管理

    製造業での”業務効率化・コスト削減”の要、全社での情報一元管理とは?

    消費者のニーズが「モノ」から「コト」へと移りゆく時代。製造業各社が…

注目記事

カテゴリー検索

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。

新種のマルウェア・未知の脅威を防ぐ
新世代セキュリティ「AppGuard」とは

APP GUARD

Scroll Up