生産管理

自社に最適なBOM(部品表)を知ろう!BOMの分類やおすすめシステム3選

製造業の生産管理に欠かせないものがBOM(部品表)です。また、BOMをシステム上で管理するBOMシステムがあれば、部門間の共有ミスなどを減らし、スムーズな生産管理を実現できます。

今回は、BOMの種類やおすすめのBOMシステムについてご紹介します。

生産管理の中枢を担うBOM

生産管理の方法は業種によって変わりますが、製造業においてはBOMがベースとなります。BOMは「Bill Of Material」の頭文字を取った言葉で、日本語では部品表と呼ばれます。製造業では、ひとつの製品を完成させるために多くの部品を使用するので、その部品を正確に管理するために部品をベースにした管理が必要となるのです。

BOMは生産管理の他、購買管理や販売管理、設計などでも使用され、部門によっては必要に応じてデータを加工して使用します。部門ごとに使いやすい形にして使用することから、BOMにはいくつかの種類があります。

「使用部門」と「管理方法」からみるBOMの分類

BOMの種類をいくつかに分類しようと思ったとき、使用部門で分けるか、管理方法で分けるかによって2つの分類方法があります。

使用部門による違い

使用する部門によって、E-BOM、M-BOM、購買BOM、S-BOM、サービスBOMなどがあります。

E-BOMは、設計(Engineering)で使用するBOMです。製品を設計していくごとに必要な部品が決まっていくので、設計図情報とあわせて記入していきます。また、部品ごとの仕様や製造に必要な技術情報なども記入し、管理します。

M-BOMは、製造(Manufacturing)で使用するBOMです。製造に必要な部品のリストや数の他、工程表と一緒に管理し、部品の手配やスケジューリング、工程の進捗管理などに使用します。E-BOMでは機能面を中心に部品のリストが作られているので、生産部門がE-BOMを受け取る際、製造において使いやすいM-BOMの形に加工してから使います。

購買BOMは、部品の調達の際に使用するBOMです。仕入先や発注可能な単位、価格、調達できなかった場合の代替品などの情報を管理します。専用のリストは作らず、M-BOMに情報を付け足して使用することもあります。

S-BOMは、販売(Sell)の際に使用するBOMです。企業によっては専用のリストを作って販売に関する情報を管理しますが、M-BOMをそのまま使用するケースも多くあります。

サービスBOMは、サポートBOM・メンテBOM・保守BOMなどとも呼ばれるもので、メンテナンスなどのアフターサービスに使用されます。こちらをS-BOMと呼ぶこともあります。製品を販売した顧客ごとに個別の管理を行い、メンテナンスの履歴を記入したり、メンテナンスが必要な時期にアラートを出したりします。メンテナンスに必要な部品の在庫管理、発注管理なども行います。

管理方法による違い

BOMは管理方法の違いによって、サマリー型とストラクチャー型の2つに分けられます。

サマリー型は、ひとつの製品に対し、必要な部品を並列に記入する管理方法です。例えば、部品Aと部品Bが2つずつ必要で、部品Bを1つ組み立てるために部品Cが2つ必要な場合は、サマリー型BOMには部品Aが2つ、部品Cが4つ記入されます。仕様変更や部品の追加があっても簡単に対応できる点に特徴があります。設計で使用するE-BOMは、主にサマリー型で作られます。

ストラクチャー型は、製品が完成するまでの流れが分かるように部品を階層ごとに記入する管理方法です。上記の例では、製品の下層に部品Aを2つと部品Bを2つ記入し、部品Bのさらに下層に部品Cを2つ記入します。予定工数やリードタイムの計算に適しているため、多くの場合、M-BOMではサマリー型で作られたBOMをストラクチャー型に加工して使用します。

効率の良い生産管理におすすめのBOMシステム3選

BOMシステムとは、BOMをコンピュータ上で管理するシステムのことです。システム上で管理することは人為的ミスの削減や効率化につながるので、現代の製造業では必須と言えます。ここでは、おすすめのBOMシステムを3つご紹介します。

生産革新 Bom-jin

図面や技術情報などの設計部門の資産を標準化する「品目台帳」を作り、製造の一気通貫を実現するBOMシステムです。製造原価の8割は設計段階で決まるという考えのもと、設計のルールを標準化・流用化可能にすることでコスト削減や納期短縮、生産性向上などの効果を実現できます。

 Base-Right

豊富な設定メニューを持ち、企業ごとに適した生産管理を実現できるBOMシステムです。厳密にはPDM(製品情報管理)システムであり、システム内で部門の用途ごとに複数のBOMを管理して運用できます。

rBOM

大興電子通信が提供する、個別受注生産や多品種少量生産に特におすすめのBOMシステムです。効率の良い生産に必要な標準化の難しい個別受注生産や多品種少量生産でも、部品表を中心に管理を行うことで工程の標準化を可能にしています。rBOMではリアルタイムに情報が更新されるため、どの部署からでも同じデータを見ることができ、ミスが少なく素早い運用が可能となる一元管理を実現します。

自社の生産体制に最適なBOMを

製造に必要な部品を正確に管理し、効率良く運用するために必要なBOMシステムは、製品ごとに特徴があります。生産の効率化や品質向上のためには、自社の生産体制にはどのタイプのBOMシステムが適しているかをよく吟味することが大切です。

情報をリアルタイム統合管理できる。個別受注向けハイブリッド販売・生産管理システム
rBOM製品ページ:https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/production-control-rbom/

関連記事

  1. 生産管理

    コスト削減には投資も必要?製造業におけるコスト削減のポイント

    製造業に限らず、利益を伸ばすためにはコスト削減の取り組みは重要です…

  2. 生産管理

    設計標準化で技術継承を進める!設計業務における属人化の脱却

    製品を製造するには、まず企画・設計が行われます。設計業務は知識や経…

  3. 生産管理

    生産性を向上させる工程管理の基礎知識

    多くの製品を効率的に生産するためには、工程管理の見直しが必要です。…

  4. 生産管理

    標準原価と見積原価の違いとは?業績管理に役立つ情報を再確認

    標準原価や見積原価は、製造を始める前に行う原価計算です。似通った部…

  5. 生産管理

    多品種少量生産のメリットとは?ニーズに応え生産性を高める方法

    売上を伸ばすためには、消費者のニーズをくみ取り、製品の開発・改善に…

  6. 生産管理

    経営判断を加速させるERP!基幹システムとの違いや導入メリット

    「基幹システム」と同義語のように扱われることが多いのが、ERPです…

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。