生産管理

 

基幹システムって何?特徴やメリット、ERPとの違いなどを徹底解説

製造業

企業の基幹となる業務をシステム化し、効率化やミスの削減などを目指したものが「基幹システム」です。基幹システムは大企業を中心に導入されていますが、中小企業においても多大な効果が期待できます。

今回は、基幹システムの基本的な特徴やERPとの違い、導入のメリットなどについてご紹介します。

基幹システムの概要

基幹システム

基幹システムは、企業の基幹となる業務をコンピュータで管理しようとするシステムの総称です。基幹システムという決まった枠組みやパッケージがあるわけではなく、基幹システムというカテゴリーの中に販売管理システムや購買管理システム、在庫管理システム、会計システム、人事給与システムなどが含まれています。

業種によって基幹とする業務は異なるため、基幹システムと一口に言っても、どの業種で使われているかによって変わります。例えば、会計システムや人事給与システムは多くの業種にとって基幹システムとなりますが、在庫を持たない業種にとって在庫管理システムは基幹システムではありません。また、製造業においては他の業種と違い生産管理システムが基幹システムとなります。

どの基幹システムも業務の効率化などを目指したもので、人力で行っていた業務をシステム化することで工数の短縮や人為的ミスの削減が可能です。

ERPや情報系システムとの違い

ここでは、基幹システムとその他システムの捉え方の違いについてご紹介します。

ERPとの違い

基幹システムと混同されやすいものとして、ERP(Enterprise Resource Planning)というシステムがあります。日本語で「企業資源計画」と訳されるERPは、企業が保有しているあらゆる資源を一元管理して経営に活かそうとするシステムです。ERPを導入することであらゆる情報が一元管理され、どの部署からも共通の情報が参照できるようになります。

一方の基幹システムは、販売管理システムや生産管理システムなどそれぞれのシステムを指し、それぞれが独立して稼働します。データを連携することでERPのように稼働させることは可能ですが、基本的には個々のシステムを指す言葉です。EPRは企業の業務全体をカバーする大規模なシステムとなるため、導入障壁を考えると基幹システムのほうが導入しやすいと言えます。

ERPについて詳しいことは以下の記事にまとめていますので、あわせてご覧ください。

情報系システムとの違い

基幹システムと対して、情報系システムという言葉が使われることがあります。言葉だけでは分かりにくいですが、基幹システムは基幹であるため「これがなければ困る」というものである一方、情報系システムは「なくても良いがあれば便利」というものです。言い換えれば、基幹システムはトラブルで停止すると非常に困りますが、情報系システムは停止しても基幹システムと比べると影響は少ないです。

情報系システムには、例えばスケジュール管理システムやグループウェア、メールシステムなどが含まれます。導入することで業務効率化が図れる点は同じですが、基幹システムと比べると業務への影響度が低いため、導入障壁は基幹システムよりも下がります。

基幹システム導入の2つのメリット

基幹システムを導入することで得られるメリットは、大きく以下の2つにまとめられます。

業務の効率化、標準化

基幹システム導入における大きなメリットの1つが、前述の通り業務の効率化です。例えば在庫管理システムであれば数値をコンピュータに入力するだけで入出庫の管理ができるようになり、手間が大幅に削減されます。購買管理システムなどと連携できれば、仕入れがあったときに自動的に在庫管理システムの数値も更新されるようにすることも可能です。

基幹システムを導入すれば、業務の標準化も図れます。業務の内容がシンプルになれば新人が覚えるべき内容も少なくなり、新人とベテランの質の平準化にもつながります。

経営状況の可視化

基幹システムを導入すれば、購買や在庫、生産、販売などの内容がデータで閲覧できるようになるため、経営状況の可視化につながります。基幹システムではリアルタイムに情報を更新・共有することが可能なため、状況に変化があったときにも素早い経営判断につなげることが可能です。

基幹システム導入前に知っておくべきポイント

基幹システムは便利なシステムですが、現在の業務フローをデジタルに置き換える作業が必要なため、気軽に導入できるものではありません。また、いくつかのシステムがパッケージになっているタイプや業種に特化したタイプ、ERPなど、システム導入にもさまざまな選択肢があるため自社に適したシステムをよく吟味する必要があります。

例えば、基幹システムは大きく分けてオンプレミス型とクラウド型に分けられます。オンプレミス型は自社のサーバーにインストールして使うシステムのことで、機能が充実していることやカスタマイズ性が高いことなどが特徴です。一方のクラウド型は近年増加しているタイプで、インターネットを通してシステムベンダーのサーバーにあるシステムを使用します。機能性が簡易的であることが多いですが、導入コストを抑えることが可能です。

どちらのタイプが優れているとは一概には言えず、自社の環境と改善したい課題に合わせて選ぶことが大切です。

自社に最適なシステムを導入しよう

基幹システムは長らく大企業を中心に使用されてきましたが、安価に導入できるクラウド型の基幹システムが増加してきていることもあり、中小企業でも導入しやすくなっています。上手く導入できれば業種の効率化、標準化、経営状況の可視化などさまざまなメリットがあるため、ぜひ最適なシステムを探してみてください。


BOMの統合により情報共有をシームレス化。
リアルタイムな進捗・原価把握を実現する生産管理システム「rBOM」については、下記よりご覧いただけます。

カタログ 製品の詳細


★個別受注生産の製造業様向け★
コスト削減とリードタイムの短縮を実現。
個別受注向けハイブリッド販売・生産管理システム。

田幸 義則
この記事を監修した人
入社後15年間、長野支店にてシステムエンジニアとして活動。
運送業、倉庫業のお客さまを中心に担当し、業務システム構築からインフラ環境構築等の経験を積む。
その後、製造業のお客さまも担当し、rBOM導入のプロジェクトにも関わるように。
16年目に現部門に異動し、rBOM全国支援の担当者となる。
現在はrBOMだけではなく、製造業全般のソリューション提案を手掛けている。
料理が趣味、これからお菓子作りにも挑戦しようか迷っている。
大興電子通信株式会社
ビジネスクエスト本部 インダストリー推進部
田幸 義則
【事例で学ぶDX】BOMを統合して経営を強化、コストダウンへ

関連記事

  1. 生産管理

    販売管理とは?その基本の解説と管理プロセスのまとめ

    販売管理では、製品とお金、営業活動に関する情報を管理します。顧客と…

  2. 生産管理

    設計を大幅に効率化する「モジュール化」とは?効率化のカギは部品表を中心とした情報の一元管理

    個別受注生産の現場に求められ続けている効率化や生産性向上。その一手…

  3. 【対面前提業務をデジタルに】ニューノーマル時代に有効なBCP対策とは?

    生産管理

    【対面前提業務をデジタルに】ニューノーマル時代に有効なBCP対策とは?

    地震や台風といった自然災害に加え、近年ではコロナのような感染症のパ…

  4. 生産管理

    製造業のリードタイムを短縮させる3つのポイント

    リードタイムが長くなる部門間の3つの壁リードタイムの短…

  5. 生産管理

    製造業でも「働き方改革」。 まだまだ削減できる4つの間接業務

    政府を挙げた取り組みが進む「働き方改革」。その必要性はIT・サービ…

  6. 生産管理

    製造業のニューノーマル|アフターコロナの新しい働き方とは

    昨今のコロナ禍は、人々の働き方を大きく変えました。それは、製造業に…

注目記事

カテゴリー検索

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。

rbom

Scroll Up