購買管理

 

購買管理システムを導入する4つのメリットと3つの選び方

購買管理

業務に必要な資材を調達する購買部門では、日々の業務の効率化を図ることと、他部門との連携が大切です。

ここでは、購買管理システムの役割や導入する4つのメリット、自社にあったシステムを選ぶための3つの注意点を紹介します。

購買管理システムとは?

購買管理システムが企業で果たす役割と、主な機能を紹介します。

購買管理システムの役割

購買管理システムとは、業務用システムの一種で、資材などの購買を効率的に行うために使用するものです。購買管理システムは、システム内で注文伝票や仕入伝票の作成を行うことができます。

さらに、支払締めや振り込依頼書の作成など、購買業務に付随する面倒な作業を効率化することも購買管理システムの役割です。

購買管理システムの仕組み

購買管理システムは、単独で販売されているものもあれば、ERPシステムの一部として提供されているものもあります。

しかし、単独で販売されている場合でも、購買業務は生産や資材管理など他の業務とも密接に関わるため、他の機能やシステムと連携して運用することが一般的です。

購買管理システムを導入する4つのメリット

購買管理システムを導入することで、企業にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、代表的な4つのメリットを取り上げます。

メリット1.発注業務のコスト削減

購買管理システムを導入すると、複雑な発注業務を一元化することができます。発注先ごとの帳票を探して様式にあわせて手書きで記入するなど、非効率的な業務を省略できるため、業務時間の短縮が可能です。さらに帳票をデータで管理できるため、紙書類の印刷や保管にかかるコストも削減できます。

メリット2.購買実績を管理できる

データを一元的に管理できるため、過去の購買実績を簡単に確認することができます。取引状況を正確に把握できるため、仕入れ先との交渉をこれまでよりもスムーズに進めることができます。

メリット3.ミスや不正を防げる

購買管理システムでは、発注履歴や納期、実際の納入状況を確認できます。そのため、複数の部門で同じ部品を発注したり、違う取引先を選んだりするミスを防ぎ、データ改ざんなどの不正も防ぐことができます。

メリット4.資材や在庫を「見える化」できる

資材と仕掛在庫の正確な数量を把握できることも、購買管理システムのメリットです。ものの流れを把握することで、在庫切れや過剰な発注を防ぐことができます。

購買管理システムの選び方

購買管理システム

購買管理システムですが、機能が不十分だと効果を最大限に発揮することができません。そこで、自社にあった購買管理システムを選んでもらうために、3つの注意点を紹介します。

1.部門間の連携が取れるか

購買管理は、資材管理や生産管理とも密接に関わる業務です。そのため、購買管理システムを導入するときは、他部門と連携が取りやすいシステムを選ぶことが重要です。他部門のシステムと連携できる、もしくは部門は違っても共通して使うことができるシステムを選び、リアルタイムの情報連携が取れる体制へ変えていきましょう。

2.業種や製品に適しているか

企業ごとの業種や取り扱っている製品によって、適したシステムが違っています。扱っている製品数が少ない企業なら、シンプルなシステムでも十分です。しかし、多品種を扱うなら、それぞれの製品や部品にあった設定ができるシステムを選ぶ必要があります。

3.導入実績が多いかどうか

導入実績が多いということは、さまざまな企業にあわせて導入を行ってきたということです。そのため、導入実績が多い購買管理システムは、対応できるカスタマイズやサポートの幅も広くなります。さらに実績が多ければ、それだけ導入した企業を参考にしやすいため、自社にあったシステムかどうか判断がしやすくなります。

購買管理システムを導入して業務を効率化しよう

購買管理システムを導入すれば、資材の調達をより効率的に行い、コストや発注ミス、在庫の不足や過剰を防ぐことができます。自社にあった購買管理システムを導入して、日々の業務をより効率化していきましょう。


調達業務の効率化・コスト削減を実現する
当社の購買管理システム「PROCURESUITE」については、下記よりご覧いただけます。

カタログ 製品の詳細


 

野田 隆志
この記事を監修した人
電子契約、EDIのソリューションを拡販する営業部長を長年担務し、電子商取引に精通したスペシャリストとして活躍。
様々な業界のお客さまに対して電子契約のコンサルティングからシステム提案までを行い、お客さまの課題解決に大きく貢献している。
直近では市場のニーズが高まっている電子契約システムに関するWebセミナーの講師なども行っている。
大興電子通信株式会社
ビジネスクエスト本部
ICTソリューション推進部 部長
野田 隆志

関連記事

  1. 購買管理

    CSR調達とは?社会貢献につながる健全な調達で企業価値を高めよう

    市場で消費者や投資先からの信頼を得るためには、環境配慮やSDGsへ…

  2. 購買管理

    在宅勤務できない…「ハンコ文化」を脱するデジタル購買管理とは?

    新型コロナウイルス対策の一環として、テレワーク(在宅勤務)の実施が…

  3. 購買管理

    購買と調達の違いとは?それぞれの仕入先の評価基準についても解説

    製造業では「部品を調達する」「部品を購入する」のように似た言葉がよ…

  4. 購買管理

    煩雑な拠点毎の購買管理を効率化!生産性・コスト改善に成功した「株式会社フコク様」

    製造業のグローバル化や多拠点化が進む中、「購買業務の非効率化」は避…

  5. サプライチェーンのリスク増大にどう備えるべき?3つの対策をご紹介

    購買管理

    サプライチェーンのリスク増大にどう備えるべき?3つの対策をご紹介

    商品や製品の調達から販売に至るまでの一連のプロセスである「サプライ…

  6. 工事請負契約書の脱・紙取引|建設業法改正で電子に移行するポイント

    購買管理

    工事請負契約書の脱・紙取引|建設業法改正で電子に移行するポイント

    建設業法の改正により、建設業界にも電子化の流れが訪れています。電子…

注目記事

カテゴリー検索

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。

procuresuite