生産管理

生産管理の最適化!オーダーと生産形式で異なる管理業務の基本

生産管理とは、生産計画の作成から製品の出荷まで、製造業のすべての流れを管理することです。一連の流れを取り仕切る業務であることから、業務の役割、責任の範囲は大きくやりがいのある仕事といえるでしょう。今回は、生産管理を担う方に役立つ管理方法の基本と管理に役立つツールについてご紹介します。

生産管理とは

生産管理とは、経営または販売計画に基づいて生産活動の計画や統制する総合的な管理活動のことです。ここでは、生産計画を立てるだけでなく、調達や購買計画を立てて製品の最初から最後までスムーズな着手と完了をサポートしていきます。まずは、代表的な生産管理業務の中身をひとつずつ見ていきましょう。

生産管理の業務

生産計画

生産計画は文字通り、製品の製造に関するすべての計画のことです。準備段階では日程計画、製品の製造段階では在庫や調達計画を立てた上で業務を進めます。計画を立てる上でのポイントは、自社の生産能力を把握すること。生産の優先順位や販売計画の見直し、材料や在庫の不足を避けて滞りなく製品を供給するための生産計画が生産管理業務の起点です。

調達計画

製品の製造では、原材料や組み立てに必要な部品の調達が必要不可欠です。いくら生産能力が高くても、現場に材料が供給できなければ製造ができません。ただし、逆に材料が多すぎると余剰在庫となるため注意が必要です。こうしたアンバランスな事態を避けるために、需要と供給、コストのバランスを考えた調達計画が必要となります。

進捗管理

製造工程の全体を把握し、進捗・手順・生産リソースを確認します。工数管理・スケジュール管理などとも定義され、現場が計画通り効率的に進んでいるかどうかを見ていきます。この時、計画に対して進捗が滞っている場合は、原因を調査・改善して生産計画に反映していくことが大切です。

品質管理

ロット別・作成日別で製造した製品が、規定の品質を維持できているか管理します。製造前には仕入れ品の受入検査や出庫指示前の検品、管理状況の記録を行います。ほかにも顧客からのクレームを分析して製品に反映するなど、管理業務が多岐にわたるのが特徴です。

生産管理の種類

製造業は、会社によって受注や生産方式が異なります。そのため、他社でうまくいっている生産管理方式を採用しても自社では合わないこともあります。まずは自社の強みや特性を把握して、生産管理のどの部分を重点的に見ていくのかを考えましょう。

オーダー形式の違い

受注生産

受注生産とは、受注があるたびに製品を生産・納品していく形式です。基本的に在庫は作らず、顧客からの受注前に見積もりや引き合いを行います。個別受注生産で対応される例としては、工作機械や住宅などがあり、作業指示はもちろんのこと、部品手配と進捗管理をスムーズに進めていくことが大切です。

見込み生産

需要予測を行い、製品を生産し、その在庫を販売する形式です。受注生産品であっても、一部の部品や材料などを他の製品にも流用できるのであれば、見込み生産化ができるでしょう。自動車やプラスチック・合成ゴムといった石油化学製品のほとんどは、見込み生産で作られています。

また、見込み生産では「在庫製品をいかに管理してうまく活用していくか」がポイントになります。そのため、需要予測を元に工程計画を立てて在庫管理・進捗管理などをうまく連携させていくことが求められます。

生産形式の違い

ライン生産

ライン生産とは、製品をコンベアで移動させながら各工程に応じて部品の取りつけや加工を行う生産形式です。大量生産される商品の多くがライン方式を採用しており、生産計画にあわせて生産能力を再現する環境作りを行っていきます。

セル生産

製品を1人、または少人数のチームで完成させる生産方式です。ライン生産では1人が同じ作業を繰り返すのに対し、セル生産では1人でいくつかの作業を行います。多品種少量生産に向いた生産方式ですが、いかに従業員のスキルレベルに合わせた人員配置ができるかがポイントになります。

また、セル生産では人単位の工数を詳しく管理することで必要な製品数に応じた人員配置ができるため、柔軟な生産体制にすることも可能です。

ロット生産

一度に決められた数をロットにグルーピングし、同様の流れで生産・保管する生産方式です。ロット生産の場合は、生産性の低い環境であっても、期間を決めて稼働することで大量生産を実現します。また、受注生産・見込み生産のどちらにも対応可能になるため、柔軟な生産体制にすることができるでしょう。この時、製品が変わるごとに「誰を使うか、どの設備を使うか」など段取りを考えた上で、実績の管理として製品の数量を管理することが大切です。

個別生産

受注ごとに生産管理を立てて製造していく生産方式です。製品の受注段階で生産管理を立てていくため、ほぼオーダーメイド製品といっても過言ではないでしょう。製品の受注だけでなく、原材料や部品の調達手配も個別で行うこともあるため、顧客の要望に応じた生産対応が可能です。

なぜ、生産管理は難しいのか?

生産管理の難しいところは、進捗の遅れや需要変動を確認しながら進めることです。そのため、経験のある方は課題の多さや部門間での板挟みに悩まされたこともあるでしょう。また、先ほど紹介した受注・生産形式の違いによって、業務プロセスを正確に捉えることが難しいのも要因です。ここでは、業務状況を改善するためにも、生産管理が難しい理由を見ていきましょう。

生産管理が難しい9つの理由

  1. 部門ごとに納期遅れが頻発する
  2. 生産計画や調達計画に必要な「市場の需要予測」に時間がかかる
  3. 生産数の変更や飛び込みの受注に柔軟に対応する必要がある
  4. 優先順の変動が多い
  5. 部門ごとの生産負荷を平準化しにくい
  6. 原価を考慮して仕入先の選定を行い、原価変動のリスクマネジメントを行う必要がある
  7. 調達が滞り、原材料・部品が不足する
  8. 原材料在庫や商品在庫をどれだけ持てば良いのか、管理が難しい
  9. 生産計画が生産能力、進捗管理などの実情に即していない

生産管理の難しさは、上記に挙げた理由だけがすべてではありません。そのため、人的な解決策ではなく、課題解決に強い生産管理システムを導入する会社も多いようです。

生産管理システムの導入で業務フローを見直す

生産管理の難しさを軽減、解消するためのツールが生産管理システムです。どのような機能が備わっているのか、その一例をご紹介します。

生産管理システムの機能

  • 調達計画:生産計画に基づき、必要な原材料・部品を確認し調達計画を立てる
  • 在庫管理:調達した資材や製造途中の製品を管理
  • 原価管理:原価を確認し、利益を確保するために必要な損益評価をする
  • 一元管理化:営業、設計、製造、購買といった各部門の情報を一元化して効率化を図る
  • リアルタイム化:進捗や手配情報など現時点での情報をリアルタイムに収集し、リスクを回避する

今回紹介している機能はごく一例です。また、生産管理システムの中には、業種や管理項目に応じて選択できるツールも開発されています。生産管理システムなら複雑な生産管理業務を可視化し、リスクヘッジと業務の効率化を実現することも可能です。

最初から最後まで製品に関わる「生産管理」

製造業において、生産管理は製造の起点となる重要な業務のひとつです。効率よく進めることができたのなら、納期短縮やコスト削減も夢ではないでしょう。これから生産管理の業務を強化する、もしくは今の生産管理の体制に問題を抱えているのなら、生産管理システムの導入も検討してみてください。

例えば、製造業向け生産管理システム『rBOM』なら、リアルタイムで情報を共有し、設計から保守まで幅広い業務に対応できます。各企業の提案する生産管理システムの特徴や導入事例を見て、管理業務の課題を解決しましょう。

リアルタイムで情報を共有し、設計から保守まで幅広い業務に対応
rBOM製品ページ:https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/production-control-rbom/

関連記事

  1. 生産管理

    高利益率を目指す!多品種少量生産における3つの注意点と対策

    多品種少量生産では、消費者のニーズに応えて臨機応変に生産品目を変更…

  2. 生産管理

    生産管理における日程計画とは?効率的な日程計画の立て方

    管理職の方は、年間・月間・日別スケジュールなど、何かしらの計画や予…

  3. 生産管理

    製造原価率を改善しよう!業界水準と原価率の課題・改善策をご紹介

    増益を目指すには、商品の売上を伸ばすことと原価を削減することの2つ…

  4. 生産管理

    製造原価とは?製造原価の基礎知識とコストの考え方

    原価は利益に深く関わりますが、製造工場を運営する企業においては、製…

  5. 生産管理

    多品種少量生産のメリットとは?ニーズに応え生産性を高める方法

    売上を伸ばすためには、消費者のニーズをくみ取り、製品の開発・改善に…

  6. 生産管理

    設計の標準化が進まない理由と解決策とは

    現在、製造業では「設計の標準化」という流れが起こっています。しかし…

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。