「ビジネスを変革するクラウド・コンテンツ・マネジメント」

Box|法人向けクラウド・コンテンツ・マネジメント

ビジネスシーンにおいて、今やオンラインストレージは欠かせない存在となっています。Boxは、法人向けファイル共有サービスとして、世界中の9万社で導入されています。

リモートワークに必須となる強固なセキュリティ機能を備え、豊富な業務アプリとエコシステムを構築しており、柔軟なクラウド・コンテンツ・マネジメントを実現します。 働き方改革に向けた新しい基盤に最適なソリューションです。

Boxは単なるオンラインストレージではなく、クラウド上のコンテンツの管理・共有・コラボレーションの利活用を促進し、業務の効率化や労働時間の短縮など、ワークスタイル変革の実現を可能にします。

こんな課題ありませんか?

  • 外部のファイル共有サービスを利用しており、情報漏洩が心配。
  • 社内のファイルサーバーのデータ容量が足りない。
  • 動画などの容量の大きいファイルの送受信がしたい。
  • 社外のパートナーとデータの共有をし、業務効率化をしたい。
  • リモートワークに対応したい。
  • BCP対策がしたい。

Boxを導入して得られるメリット

企業全体で利用できる一元化されたプラットフォーム

ビジネス上のメリットとITコストの削減

BOXを導入している企業

4つの特長

特長1
 セキュリティ

・企業ユースに特化した設計思想。全ユーザの操作ログ可視化と強固なセキュリティ機能 。
・通信経路は256ビットのSSLで暗号化されており、データは全て複数回暗号化。
・世界各国のデータセンター、オプションで国内のデータセンターの利用も可能。
・7段階の編集・公開権限、細かな権限設定の付与が可能。
・CASBやDLP等のecoソリューション連携が可能 クラウド時代のセキュリティを実現。

特長2
 大容量

・ビジネスプランでは容量無制限で利用可能、増え続ける企業データの格納場所を提供する次世代基盤として最適。
・1ファイル5GBまでアップロード可能、大容量ファイルの取扱にも対応。

特長3
 ファイル共有

・ファイル1つ1つにURLを発行。URLで直接アクセスする事であらゆる人とファイル共有が可能。
・メンバー間で同じフォルダ・ファイルを共有し、編集を行う事が可能。更にログ監視機能があり、いつ誰が編集したかも把握可能。
・120種類のファイル形式に対応。プレビューに対応しており、ファイルをダウンロードする必要もありません。
・機密ファイルにはパスワード設定や有効期限設定が可能。必要な時に必要な人にだけ情報共有が可能。
・フォルダも共有する事ができる為、関連する企業・グループを問わず仮想プロジェクト領域を瞬時に作成・共有可能。

特長4
 使いやすさ

・マルチOS・マルチデバイスで利用可能。リモートワークに最適。
・アプリ連携として、国内で100以上のBox連携ソリューションを提供されています。
・ドラッグ&ドロップで直感的にファイル操作が可能。