AI/IoTの取り組み

企業におけるAI/IoTの活用が実現し始めている現在、「AIで何が出来るのか?」という事から、「AIをどうやって導入するか?」という議論が活発になってきています。

今やAIは企業の競争力・業務効率化を支える基盤技術として普及し始めています。

DAiKOが考えるAI/IoTの業務活用について

「IoT」+「既存業務システム」+「AI分析」で経営課題を解決します。IoTセンサーから収集したデータ(数値・映像など)や、”社内に眠る宝”である販売データ、生産・品質管理データなどをビッグデータとして集積。さらにAIによる分析とアクションに繋がるアウトプットを出力。基幹システム運用の豊富な実績を持つSIerならではの強みが大興電子通信にはあります。

ソリューション

AI顔認証・防犯サービス

顔認証を防犯だけでなく、消費者動向データ収集などに活用。

AI顔認証・防犯サービス|大興電子通信

サービス提供元:株式会社 ドッドウエル ビー・エム・エス

▶ 詳細はこちら

 

船舶・漁業IoTサービス

気象データと漁獲データをクラウドに集約。AI分析により漁獲量予測、販売予測を実施。

 

故障診断・予知IoTサービス

製造業の工作機器の音響データ測定による故障診断・予知。

故障診断・予知サービス|大興電子通信

サービス提供元:株式会社 エクストラネット・システムズ

 

ウェアラブル端末・配送作業分析AI

腕時計型スマートウォッチ+機械学習

バーコードリーダー連携でハンズフリー作業を実現。AIで作業のムダな動きを分析・改善へ。

AIを活用したウェアラブル端末・配送作業分析|大興電子通信

 

大興の社内での取組み

pepper放課後倶楽部

新しい取り組みへのチャレンジ・若手技術者の育成を目的とした、有志によるクラブ活動です。

社内の若手SEを中心としたメンバーが集結し、コレグラフやpython等の開発言語の勉強会を開催するなど、pepperの開発、活用に向けた取り組みを実施しています。

実際に当社の展示会・セミナー等のイベントにてpepperを活用するなど、ロボット・AI導入についてのノウハウを蓄積中です。

 

 

伝票自動読み取りAIサービス

経理上の手書き伝票類における、数値の読み取りをAIで自動化。AIによる自動読み取りを活用することで、経理業務の効率化を目指し実証実験に取り組んでおります。