財務会計

/

 

ワークフローシステムとは?企業経営の潤滑油です!

ワークフローシステムとは、企業内で発生する稟議や各種申請についての申請、確認、承認などのプロセスを仕組み化するシステムです。意思決定の迅速化が図れます。また、多くの場合、その手続きのために必要としていた書面をワークフローシステム内に組み込むことができるので、大幅なペーパーレス化が図れ、管理コストや郵送コストも大幅に削減できます。

さらに、電子帳簿保存法の改定に伴い、電子取引で発生した証憑をワークフローシステムに添付し、承認時に活用しつつ、電子保存するというニーズが非常に高まっています。

旧来のワークフローに散見される問題点

企業経営におけるワークフローとは、一般的に稟議や各種申請についての申請、確認、承認などのプロセスを指します。
新しい取引先の与信、契約書内容の確認、見積書の発行や文房具の購入、従業員の身上変更の申請など、企業活動の多くの場面で、それぞれの重要度に応じた確認と承認のプロセスが設定されています。

さて、一般的な旧来のワークフローでは、申請事項とそれに伴う費用の見積などを申請者が書面で申請し、総務部門がその内容の確認と承認を行うのに妥当と考えられる関連部門や職位者を設定し、回付していくという方法が採られています。
この方法では、以下のような問題点が考えられます。

  • コスト面 … 申請のために費やされる膨大な用紙とその郵送や管理のためのコスト負担
  • 内部統制の運営維持面 … 頻繁な組織変更に対応する適正なワークフローの設定と管理についての、手動管理の限界
  • 意思決定のスピード面 … 申請そのものを起案する工数および承認回付のための時間ロスによる機会損失

ある会社では、急ぎの稟議承認のために、バイク便を使用したことがあるという話を伺ったこともあります。
また、コロナ禍を契機としたテレワークの常態化によって、申請者が自宅から申請できない、管理者が自宅で承認できないといった状況もよく伺いました。
このような問題点は、企業規模が大きくなるほど、関連部門の数も承認者の権限も拡大複雑化し、目に見えない部分を含め、企業経営における強いボトルネックになると考えられます。

ワークフローシステムのメリット

ワークフローシステムでは、企業内で発生する稟議や各種申請についての申請、確認、承認などのプロセスをシステム化します。多くの場合、その手続きのために必要としていた書面をワークフローシステム内に組み込むことができるので、ペーパーレス化による輸送や管理を含めた大幅なコスト削減を実現できます。

内部統制の運営維持という点に関しても、グラフィカルな画面で申請の種類分類やレベルごとの確認承認ルートを定義できるので、過不足なく運用することができます。電子署名連携したシステムであれば、内部統制システムとして改ざんがないことをより強力に担保できます。

また、手動で承認ルートを管理する方法では、必要のない承認ルートを設定してしまう可能性があります。このケースでは申請側も承認側も実務面で無駄なやりとりが発生してしまい、生産性の低下はもちろん、意思決定のスピードや精度も低下させてしまいます。これを抑止できる点もシステム化のメリットとなります。

なお、特にクラウド型のワークフローシステムは、申請、確認、承認とも社外からアクセス可能とすることもできるため、在宅勤務時に処理できないといったことがなくなります。
在宅勤務が常態化した状況において、「判が押された書面画像をPDF化したもの」などのファイルによる回付が散見されました。それと比較すると一般的に規格化されている電子署名連携によるほうが、内部統制や取引先からの評価としても、信頼性があるように思われます。

さらに、電子帳簿保存法の改定に伴い、電子取引で発生した証憑をワークフローシステムに添付し、承認時に活用しつつ電子保存することで、承認にも活用しつつ、電子保存もできるという一石二鳥の運用が可能となります。

以上を総合すると、ワークフローシステムは、企業で日々行われている大小含めて膨大な意思決定にまつわるコストも時間も効率化したうえで精度をアップできる、企業経営の潤滑油といえるでしょう。

大興電子通信が提案するワークフローソリューション

各種の稟議や申請の多くは、販売や購買、人事などといった管理に関連して発生し、それとひもづけて管理する必要があります。
大興電子通信が提案するワークフローソリューションのメリットは、企業ごとに必要となるERPソリューションとワークフローシステムを連携する形で最適に組み合わせて、導入設計からサポートまで一気通貫で提供できる点にあります。

大興電子通信では、お客さまの業種業態やご要望に合わせて、ワークフロー連携も含めたさまざまなERPソリューションの提供が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

主な当社取り扱いERPソリューション

三上 哲章
この記事を監修した人
SMB向け業務システムのセールスエンジニアとしてキャリアをスタート。
400社以上の企業さまの販売管理・会計・給与システム導入に関与。
その後、さまざまなBtoB向けソリューションの企画・販促に携わり、SEO、MEOにも精通。
多くの企業さまの課題とその解決策をわかりやすくご紹介します。
大興電子通信株式会社
ビジネスクエスト本部
マーケティング推進部
マーケティング企画課
三上 哲章

関連記事

  1. 人事・給与

    給与明細を電子化するのは常識?メリットやデメリット、方法や注意点をご紹介

    給与明細は、どれだけ働き、どれだけの給料が振り込まれているかを確認…

  2. 働き方改革

    RPAが働き方改革を実現する鍵!?生産性を向上させるロボットの役割

    2018年6月に「働き方改革関連法案」が成立するなど、政府の主導に…

  3. 財務会計

    売掛金とは?他の勘定科目との違いや仕訳方法、管理のポイントを解説

    本記事では、売掛金に関する基礎知識についてご説明します。具体的には…

  4. 人事・給与

    アルバイトへの源泉徴収票発行はクラウドを活用しよう!

    年間の給与支給総額が103万円以下のパート・アルバイトは、所得税が…

  5. 人事・給与

    給与デジタル払いはいつから導入可能?メリット・デメリットや最新情報を解説

    2023年4月に解禁された「給与デジタル払い」。本記事では、給…

  6. 働き方改革

    予算編成業務の時間短縮!Excel業務を効率化する方法 ~xoBlosによる効率化事例1~

    「予算編成業務」とは経営者(社長)が1名と従業員が5名、全社員…

人気記事ランキング

注目記事

業界別・部門から探す

業務から探す

トピックから探す

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。

本記事に関連するタグ