生産管理

生産管理システムで一元管理!モノづくりを効率化するためのシステム選び

生産管理システムは、製造業務における管理の効率化や課題解決をサポートします。設計・生産・販売といったモノづくりに関わる情報を一元管理することで、最新の情報を有効的に活用することができます。ただし、自社の生産形態に合わせて導入しなければ、導入効果が低くなる可能性もあります。

そこで、今回は生産管理システム導入を検討中の方に役立つ情報として、導入のメリットと選定時のポイントについてご紹介します。

生産管理システムとは

生産管理システムは、製造現場の納期・在庫・工程・コストといった、モノづくりの情報を管理するシステムです。一部の内容はExcelなどでも管理できますが、効率的に業務を進めるなら生産管理システムの導入をおすすめします。特定の業種に合わせた生産管理システムも登場しているので、導入によって効率化や改善点を見つけ出す効果が期待できます。生産管理システムの主な機能としては、次のようなものがあります。

生産管理システムの主な機能

生産計画

生産計画は、製造業などにおいて、どの製品をいつ、どれだけ、どのような費用をかけて生産するのかを計画するものです。生産計画は、発注のあった製品を納期に間に合わせるために、また安定して利益を出すために作られ、多くの場合、大日程計画・中日程計画・小日程計画に分かれます。

長期的に大まかな計画を立てる大日程計画から、直近の従業員の動きを1日や1時間単位で決める小日程計画までを継続的に作ることで、納期に間に合わせつつ最小限の費用で利益を上げられるようになります。生産管理システムでは、生産計画を各種管理に結びつけることで各部門の連携を強化することが可能です。

販売管理

販売管理は、注文の受注から出荷、請求、売上の管理までを行うマネジメントです。注文の受注から請求までをひとつのシステムで管理することで、受注漏れなどの事務的なミスを最小限にすることを目指します。

また、販売管理では商品の在庫数も管理し、その受注は納期までに納品可能なのかの判断も行います。生産計画との関わりも深いので、生産管理システムで一元管理することでよりスムーズな管理ができるようになります。

購買管理

販売管理が完成した製品の取り扱いを管理するものだとすれば、購買管理は製品を作るための素材や部品の取り扱いを管理するものです。購買管理では、製品の製造に必要な素材・部品の購入や支払いの管理、入庫や出庫などを記録することによる仕入れ・在庫の管理などを行います。

購買管理にて必要十分な数の素材・部品を仕入れていなければ計画的な生産ができないので、やはり生産計画との関わりが深く、生産管理システムによる一元管理で効率化を図ることが可能です。

工程管理

工程管理は生産管理と同じ意味の言葉と捉えられますが、狭義には生産管理の一部、特に実際に製造を行う部分の管理を指します。工程管理では製造の全体の流れを管理し、一部に遅れがあれば調整を行うなどの対処を行います。また、均一的な品質を維持することも工程管理に含まれます。

在庫管理

在庫管理では、完成品の他、製造の途中である仕掛品や素材・部品の在庫なども管理します。適切な在庫管理を行うことでスムーズな生産を実現し、納期遅れを防止しつつキャッシュフローも正常に保つことができます。

この他にも、製番管理・手配進捗・原価進捗の情報共有や一元化によって生産管理業務をサポートします。基本となるパッケージだけでなく、オプションで機能を拡張できるサービスを提供している企業もあり、自社にとって適切な生産管理システムを選ぶことが大切です。

生産管理システム導入のメリット

生産管理システムの導入によって得られるメリットをご紹介します。

余剰在庫・コスト削減

販売・生産・在庫といった情報をひとつのシステムで管理するため、製品の在庫状況をすぐに確認できます。倉庫内の在庫は、抱えているだけで検品や保管など在庫品管理をするコストがかかるため、余剰在庫は悩みの種となります。生産管理システムを導入することにより、「需要」「供給」「生産能力のバランス」が可視化され、どの程度在庫を確保すべきかの判断ができます。

また、余剰在庫だけでなく、売り切れ防止に役立てることも可能です。買い手がいる場合に製品を提供できなければ、売上を伸ばすことはできません。生産管理システムによって、必要数の在庫を確保しながら余剰在庫を防ぎ、管理にかかるコストを最小限に抑えられます。

一元管理で情報が把握できる

販売や工程管理など、業務ごとに独自の管理システムを導入していてはそれぞれの部門情報しか把握できません。生産管理システムなら各業務を一元管理するため、製造に関わる全ての情報を把握することができます。「工数」「実績」「販売」「製造状況」をリアルタイムに伝えられるので、組織の土台強化につながる効果も期待できます。

リードタイムの短縮が可能

リードタイムとは、発注から納品までの期間を指します。リードタイム短縮により納品までの期間が短くなると、生産力の向上だけでなく顧客満足度の向上にもつながります。

生産管理システムの導入によって滞留在庫、生産性、業務効率を分析することで、不良品率の原因の解明や改善が容易になります。適切な管理によって問題点を改善することで、現在よりもさらにリードタイムを短縮することも可能です。

情報が一元管理されると業務量の調査が容易になり、無駄がどこに生じているのかという分析もしやすくなります。また、プロセス間のつながりの明確化が可能なため、業務負荷の平均化のためのPDCAを回す効率が向上するという大きなメリットがあります。

失敗しない生産管理システム導入

ここでは生産管理システムを選ぶ際の注意点やポイントをご紹介します。

システム導入の目的と優先順位

「なぜ、生産管理をする上でシステムを導入するのか」という目的を管理者側が明確にしていなければ、現場が混乱する要因となります。そのため、「在庫の削減」・「工数の削減(納期短縮)」・「購買業務の効率化」といった現状の課題を洗い出し、生産管理システムによって解決すべき項目を決めておきます。その際に、解決の優先順位も検討しておくことで、どのシステムを選ぶべきかの判断軸が明確になります。

自社の形態に合わせる

自社の生産形態と生産管理システムが合わなければ、生産形態の変更が必要となることもあります。もしくは、補助するための別システムを導入し直すといったコストや手間も発生することでしょう。そのため、生産形態や自社の特徴に合わせて生産管理システムを選びましょう。

また、オプションや連携ソリューションを組み合わせることで、幅広い範囲での課題解決が可能な生産管理システムも登場しています。自社の生産形態に合わせて、機能を拡張することも検討されてみてはいかがでしょうか。

費用

初期費用とランニングコストは、生産管理システム選びの中で選択しやすい要素です。生産管理システムは、自社管理サーバにシステムを入れる「オンプレミス型」とサービス提供企業がサーバを管理する「クラウド型」があります。オンプレミス型は、比較的初期費用が高くなりがちですが、契約期間を気にせず使い続けることができます。

一方で、クラウド型は提供企業がアップデートをしてくれるため、担当者の負担が軽減できますし、初期費用が安いことが利点になります。ただし、契約期間中は費用が発生し続けるため、月々のランニングコストが導入目的に見合うかを検討する必要があります。

セキュリティ

クラウド型は、費用の面で見るとメリットが大きいですが、導入する際にはセキュリティの確認が必須です。自社の情報を他社のサーバに入れるため、情報漏えいのリスクは自社管理に比べて高くなるかもしれません。オンプレミス型の場合は自社運用となるため、自社内で情報管理部門を強化した上でセキュリティ対策を実施することが可能です。

生産管理システム4選

これまでの要件を踏まえ、おすすめの生産管理システムを4つご紹介します。

1)FutureStage
日立製作所がリリースしている、中堅・中小規模企業のための製造業、卸売業、小売業向け基幹業務パッケージです。機能がコンパクトにまとまっており、手軽で比較的価格も抑えられています。製造業の主要な生産形態向けに業種別のテンプレートが用意されているため、導入後すぐに利用することが可能です。

2)iDempiere
株式会社ネオシステムが提供するiDempiereは、低コストで導入可能なERPパッケージです。オープンソースのためライセンス費用は無料ですが、在庫管理や顧客管理、会計管理など企業経営に不可欠な基本的な機能は全て揃っています。加えて、「在庫管理だけ」「品質管理だけ」などと機能を部分的に使用可能なため、余分なコストの防止にもつながります。多くのプラグインが公開されているため、世界各国で利用されています。

3)SPENCER
株式会社セイノー情報サービスがリリースしているSPENCERは、製造業の管理には必須となる生産計画機能、生産実績管理機能を網羅しています。生産に関係する全データの管理が可能なため、作業の効率化につながります。また、Excelに似た操作感で導入がスムーズなため、社内で操作可能な人員を確保しやすいのも特徴です。

4)Factory-ONE 電脳工場MF
NECがリリースしている生産管理システムで、幅広い業態・業種に導入されています。3つのサーバモジュールと4つの製品を用意しているため、変化の多い市場環境や生産形態に適宜対応することが可能です。また、EXPLANNER/Ai会計とのデータ連係をすることで、生産管理から財務管理までシームレスに行えます。
Factory-ONE 電脳工場MFの開発元には、幅広いノウハウが培われた担当者が多くいます。導入時にはソフトウェアの利用方法だけでなく、自社に合わせた運用方法などのノウハウの提供を受けられる点も特長です。

rBOMの魅力と強み

rBOMは、個別受注生産、多品種少量生産を行う企業を強力に支援する、ハイブリッド販売・生産管理システムです。設計からの五月雨出図や受注ごとの設計変更などが多く発生するような業種に最も適しており、受注のたびに製品仕様が異なることが多い個別受注業務に特に強いシステムです。また、設計変更、手配、原価進捗などをリアルタイムで情報共有することが可能になっています。このようにオンタイムで受注から出荷までの細かな情報を可視化することで、リードタイムの短縮、入力ミスの削減をしています。

また業務コンサルティングを元に柔軟なカスタマイズが可能で、本稼働までサポートがあるため導入から運用までがスムーズに行えます。PDM、ERPなど個々のパッケージを導入する必要がないため、コストを大きく削減することが可能です。

生産管理システムで効率化を目指す

生産管理システムは、設計・開発・営業といった製造業の全ての工程に関わる非常に重要なシステムです。導入後に気軽に変更はできないので、「導入の目的は何か」「自社の生産形態と合っているか」「費用に問題はないか」「セキュリティ面に問題はないか」など、複数の要素を元に最適なシステムを選ぶ必要があります。自社に合った生産管理システムを選ぶことで、業務全体の効率化を実現させましょう。

工場力、現場力を引き出す!ハイブリッド型 販売・生産管理システム
rBOM製品ページ:https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/production-control-rbom/

関連記事

  1. 生産管理

    在庫管理の適正化!棚卸資産のマネジメントと現品管理の基本

    モノの移動を管理する在庫管理は企業にとって非常に重要ですが、問題を…

  2. 生産管理

    製造業のリードタイムを短縮させる3つのポイント

    リードタイムが長くなる部門間の3つの壁リードタイムの短縮は…

  3. 生産管理

    製造原価率を改善しよう!業界水準と原価率の課題・改善策をご紹介

    増益を目指すには、商品の売上を伸ばすことと原価を削減することの2つ…

  4. 生産管理

    在庫引当はなぜ重要か?在庫管理における重要性と具体的な方法

    製造業や小売業など、在庫を扱う業種にとって適切な在庫量を保持するこ…

  5. 生産管理

    自社に最適なBOM(部品表)を知ろう!BOMの分類やおすすめシステム3選

    製造業の生産管理に欠かせないものがBOM(部品表)です。また、BO…

  6. 生産管理

    標準原価と見積原価の違いとは?業績管理に役立つ情報を再確認

    標準原価や見積原価は、製造を始める前に行う原価計算です。似通った部…

ホワイトペーパー

製品カタログ

  1. 新着記事やイベント情報。
    ホワイトペーパーのご案内等お役立ち情報を
    お届けします。